お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

活性酸素が増えやすい現代

吸い込んだ酸素のうち2~3%が活性酸素になるため、活性酸素が体内で多量に発生する要因の一番は過剰な運動とされています。

このほかにも農薬、食品添加物、薬剤、化学物質、排気ガス、タバコ、アルコール、紫外線、電磁波、放射線、体の傷や炎症、水道水の塩素、病原菌の侵入、参加した食品、ストレスなどが挙げられていて、活性酸素を避けて暮らすことは不可能となっています。

体にとって害になる農薬、食品添加物、薬剤、化学物質などは、肝臓によって分解、解毒されていますが、それ以外の各臓器の細胞でも活発に代謝を繰り返して分解、解毒が行われています。
そのときに多量の活性酸素が発生します。
アルコールはエネルギー量が高く、エネルギー化しやすいため飲酒すると活性酸素の発生量が多くなります。

有害物質が体内に入ってくると、これらを白血球が取り込んで活性酸素を使って破壊、無害化していきます。
破壊したあと、白血球が次の有害物質を取り入れていくときに活性酸素が白血球から漏れ出て、体内の活性酸素を増やしていくようになります。
白血球は有害物質を破壊するときに活性酸素を発生させますが、粘度の高いタバコのタールなどは白血球の中に残りやすく、これを処理するために繰り返し活性酸素を発生させることから活性酸素は増え続けます。

紫外線、電磁波、放射線は体の中に浸透する特徴を持った波長で、細胞へと直接届き、細胞を傷つけていきます。
細胞が破壊されるときに活性酸素が多量に発生して、近くの細胞を次々と破壊していくようになります。

ストレスが高まると、呼吸数と心拍数が増え、血圧が上がり、末梢血管が収縮する、といった体の変化が起こります。

自律神経の交感神経の働きが活発になって、興奮状態になったときには全身の働きが活発になり、活性酸素が多く発生するようになりますが、中でも末梢血管の収縮が特に活性酸素を発生させます。
血管が収縮すると血液の流れが一時的に低下して、そのあと元の状態に戻って血流が急に高まるときに活性酸素が多量に発生します。

血液中のブドウ糖(血糖)の量が過剰になり、高血糖状態になったときには、糖化タンパクができるようになります。
このときに活性酸素が多量に発生します。
また、糖尿病では高血糖の影響によって血管の細胞の新陳代謝が正常に行われなくなり、血管の弾力性が徐々に失われていくようになります。
そのため血流が低下して、血流が再び戻るときに活性酸素が多量に発生します。

メタボリックシンドロームと診断されるほど太っている人は、活性酸素が常に多量に発生しています。
体には恒常性機能があり、常に元に戻ろうとする力が働いています。
脂肪細胞に必要以上に脂肪が多く蓄えられているのは正常な状態ではないことから、この脂肪を減らそうとします。
そのときにストレスホルモンのアドレナリンが分泌されます。

この脂肪細胞に蓄えられていた中性脂肪が分解されて脂肪酸が血液中に放出され、それを燃焼させて減らすときにもアドレナリンが作用します。
アドレナリンによって筋肉細胞内では脂肪の代謝が盛んになりますが、脂肪が燃焼しているときに活性酸素が多量に発生します。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝