お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

日本人特有の太るホルモンがある

日本人は歴史的に摂取エネルギー量が少なかったことから、消費エネルギー量を減らし、できるだけ多くのエネルギーを脂肪として蓄積する体質となっていったわけですが、そのために起こったのはホルモン分泌の変化です。

日本人が太りやすい体質である原因の1つとしてレプチン抵抗性が挙げられます。

レプチンは食欲を調節するホルモンで、満腹を感じさせる作用があり、正常に働くことによって食欲は抑制されています。

日本人はレプチンが分泌されやすいので、正常に機能していれば満腹を感じやすく、肥満になりにくいはずですが、今ではレプチンが分泌されても満腹を感じにくくなっています。

レプチンは脂肪細胞から分泌されていて、脂肪細胞内の脂肪が増えると分泌量が高まっていきます。
レプチンは、脳の視床下部に作用し、満腹中枢の働きを高めて食欲を抑制する働きをしています。
また、レプチンには自律神経の交感神経に働きかけ、中性脂肪の蓄積を抑制して、エネルギー消費を亢進(こうしん)する作用もあります。

脂肪細胞に中性脂肪が多く蓄積された状態は、生体機能を正常に働かせるには妨(さまた)げとなることから、脂肪細胞に蓄積される中性脂肪が増えるほどレプチンが多く分泌されるようになります。

この仕組みが正常に機能していれば過剰な肥満は起こらないはずですが、肥満の人の血液中のレプチン量を測定すると分泌量は多いものの、体脂肪が多く蓄積されています。
これは、視床下部でレプチンを受け取る受容体の反応が不十分だからです。
この状態はレプチン抵抗性と呼ばれています。

つまり、レプチン抵抗性のある人は、満腹サインが出ていながらも、それを感じることができずに、食欲が抑えられなくなっているのです。

レプチンと逆の働きをして、食欲のバランスを取っているホルモンの1つにグレリンがあります。
レプチンの分泌量が増加するとグレリンの分泌が低下し、逆にレプチンの分泌量が減少するとグレリンの分泌量が増加します。
グレリンは、胃から分泌され、脳の視床下部に作用するペプチドホルモンで、食欲中枢を刺激して食欲を増進させています。

満腹状態でも、おいしそうだと感じるものを目にすると食欲が湧くことは別腹と呼ばれていますが、その別腹現象はグレリンによって引き起こされています。
精神的な食欲の高まりによってグレリンが分泌されるとともに、胃の蠕動運動が始まり、胃の上部に空間が生じて、食べ物を入れることができるようになります。
また、胃の病気や不調によって胃壁が傷つくと食欲が低下するのは、胃からのグレリンの分泌が低下するためと考えられています。

睡眠不足になるとグレリンの分泌量が増えて食欲が増していきますが、それと同時にレプチンの分泌は減って満腹を感じにくくなります。
これは睡眠不足に対応するために、活動に使われるエネルギー量を増やすための反応で、睡眠不足が続くと食欲が増して太ることになりかねません。
日頃8時間睡眠の人が5時間睡眠にしたところ、レプチンの分泌が約15%低下して、グレリンが約15%増加したとの実験研究報告があります。

睡眠不足になると、成長ホルモンの分泌が低下し、筋肉の増強が抑制されて脂肪の代謝も低下するようになります。

また、睡眠不足の人ではBMI(体格指数)が高くなっていることも確認されているため、睡眠時代は十分に取るように心がけたいものです。

食欲は精神状態によっても左右されやすい。

脳の唯一のエネルギー源であるブドウ糖の不足すると、ブドウ糖を補うために食欲が増進します。
ストレスがかかると脳のブドウ糖消費量が増え、さらにブドウ糖が多く含まれる甘いものへの欲求が高まっていくようになります。
これによって食べてストレスを解消するようになっていきます。

ストレスが高まり、精神安定が必要なときには脳内のセロトニンの分泌量が増えていきます。
セロトニンは生理活性アミンの一種で、脳内の神経伝達、メラトニン合成など脳の活性を高める作用のほか、平滑筋の収縮、血管収縮などの働きをしています。
セロトニンが不足すると精神安定を求める働きと同時に食欲が増進します。
甘いものや肉類を食べると一時的にセロトニンの分泌量が増え、気持ちが落ち着くことから、甘いものへの欲求が強くなっていきます。

セロトニンの分泌量には性差があり、女性は男性に比べて脳内のセロトニン合成量が少なくなっています。
そのため、女性はストレス状態に置かれるとセロトニンの減少の度合いが大きくなり、情緒不安定になりやすいです。
そして、甘いものや過食など食欲の高まりがみられるようになりやすいです。
また、女性は月経前の不快症状期(PMS期)に、神経伝達組織でのセロトニンの受け取りが阻害されるため、特に食欲が高まりやすくなっています。

セロトニンは、食べることだけではなく、ストレスの解消や運動などによって分泌を高めることができます。
そのため、精神的な原因によって食欲が高まったときには、運動の中でもセロトニンを分泌させやすい有酸素運動が勧められます。

セロトニンは、必須アミノ酸のトリプトファンを材料にして体内で作られています。
必須アミノ酸は体内では合成できませんので、トリプトファンが豊富に含まれる肉類、魚介類、卵類、乳類、豆類、種実類を摂らなければなりません。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝