お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

酒を飲むほど脂肪合成が進む特異な体質

アルコールは1g当たり約7kcalのエネルギー量があります。
これは100%アルコールの場合で、アルコール度数が25度(%)の場合
には、4分の1のエネルギー量になります。
日本酒1合(アルコール度数13度)では約140kcalとなります。
飲酒量が多くなると、それだけエネルギー摂取量が多くなり、さらに胃の刺激と酔いによる高揚のせいもあって食欲が増して食べ過ぎることになります。

アルコールは肝臓からブドウ糖が放出されるのを抑制することから、飲酒後には血糖値が低下して、空腹を感じるようになります。
そのために飲酒後には糖質が多いラーメンや甘いものが食べたくなり、その結果、かえって血糖値が上昇することにもなります。

飲酒と糖尿病の関係について調べた大規模コホート研究によりますと、男性は飲酒量が多くなるほど血糖値が上昇して糖尿病のリストが高まることが確認されています。
血糖値が上昇すると、肝臓での脂肪酸の合成が高まるため、太りやすくなります。
飲酒をすると食欲も増えやすく、それも太る原因となっています。

飲酒と糖尿病の研究では、4地域の40~59歳の各約2万人の男女を対象として10年間の追跡調査の結果から飲酒と2型糖尿病の関連が調べられました。
それによりますと、1日に日本酒換算で1合以上の飲酒をしていた男性は発症リスクが1.3倍高くなっていました。
女性では、関係性が分かるほどの変化はありませんでした。
この調査では男性の場合のBMIとの関係についても調べていますが、BMIが22以下の男性では非飲酒者に比べて1合までの飲酒者は変化がなかったのに対して、2合まででは1.9倍、2合以上では2.9倍も発症リスクが高まっていました。

肝臓では糖質を分解したブドウ糖や脂質、タンパク質を分解したアミノ酸を材料にして脂肪酸を合成し、体に必要となる中性脂肪を合成していて、アルコール飲料を摂ることによって合成される脂肪酸と中性脂肪の量が増えていきます。
その合成量はアルコール摂取量に比例しています。
合成された中性脂肪は肝臓に蓄積されるだけでなく、血中アルコール濃度が高まると血液中に放出される量も多くなって、脂肪細胞に蓄積される脂肪の量が増えます。

飲酒によって血液中の中性脂肪の量が増えるのは、合成量が増えるだけでなく食欲が高まるためです。
食べ過ぎると肝臓で合成されるコレステロールが増え、血液中のLDLコレステロールの量も増えていくことになります。
ほろ酔い程度の飲酒量(日本酒換算で1合程度)であれば問題ありませんが、飲み過ぎは控えたいものです。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝