お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

ARCHIVE2016年 8月

エネルギー消費量が減少し始めるときに栄養管理変更を!

私たちの身体は、栄養が足りなくて「飢餓」状態に陥ると、セーブモードに切り替わります。エネルギー消費を抑えて、体力を温存しようとするのです。 ところがガンがあると、ガンがエネルギーを大量に消費しますし、ガンと闘うエネルギーも必要です。そ…

ガン患者の栄養サポートで褥瘡や肺炎などの感染症が激減

私は、ガン治療においては、治療の着地点を見極めて“逆算のガン治療”をすることが大事だと思っています。治療法がある限り何が何でも治療をすることが良いとは限りません。ガンの進行度によっても着地点は異なりますし、年齢によっても着地点は異なります。…

若い人の栄養と高齢者の栄養は違う

ガン治療に必要な栄養は、その人の年齢によっても異なります。50代、60代ぐらいのまだ若い人は、ガンになるとどうしても治療が最優先になります。手術でガンを取りきれなかった場合や転移した場合には、抗ガン剤治療や放射線治療を続けることになるわけで…

放射線治療の障害を和らげる栄養とは

放射線治療は、ピンポイントで放射線を照射する技術が発達したことで、近頃は広範囲にダメージが出ることは少なくなりました。ただ、放射線が当たったところには、どうしても障害が出ます。 たとえば、骨髄に放射線が当たると、血液を作る働きが障害さ…

抗ガン剤の副作用を和らげる栄養素

抗ガン剤によって起こる個々の副作用を見た場合、栄養障害を引き起こす元凶となるのが「味覚障害」です。味覚障害があると、本当に食べ物に味がしなくなります。そのため食欲が無くなって栄養障害に陥り、どんどん体調が悪化してしまうのです。 それを…

血液中のアルブミン濃度が低い人ほど副作用が大きい

抗ガン剤治療では、副作用が大きな問題となりますが、副作用の出方に大きく関わっているのがアルブミンです。 アルブミンは、血液中にあるタンパク質の一種です。タンパク質の中ではサイズが最も大きく、100種類以上あるといわれる血液中のタンパク…

抗ガン剤治療のダメージを和らげる為の栄養とは

手術のように身体を切るわけではありませんが、抗ガン剤治療もかなり侵襲の大きい治療法です。抗ガン剤はガン細胞には障害を与えますが、基本的には劇薬または毒薬に分類される薬で、健常組織には いわば毒物です。 それを処理するには大量のエネルギ…

さらに記事を表示する