お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

自然免疫(非特異的免疫)と獲得免疫(適応免疫)

ペプチド(ガン細胞の表面の特異的タンパク質の断片のことで、ガン抗原と呼ばれ、ガンの免疫システムにおいての標的)は非常に小さくて弱いので、単体で体に入れると脂肪に分解されてしまいます。

そこで必要なのがサポート役の樹状細胞です。

つまり、ペプチドは単体だと、薬に例えるなら粉薬ですが、樹状細胞に積み込まれると、それはカプセルになります。

粉薬は散乱して希薄になってしまいますが、カプセルである樹状細胞に乗ったペプチドワクチンは、より確実にCTL(細胞傷害性T細胞 / キラーT細胞)を刺激することになるのです。

では、ここで樹状細胞の役割を整理しておくことにしましょう。

免疫には自然免疫(非特異的免疫)と獲得免疫(適応免疫)があります。

前者は、体の中に細菌やウイルス、ガン細胞などを発見すると真っ先に攻撃する反応で、このとき駆けつけるのが顆粒球(ほとんどが好中球)、マクロファージ、NK(ナチュラルキラー)細胞、そして樹状細胞です。

後者は、自然免疫の攻撃から逃れて生き延びて、更に増殖してくるガン細胞や病原体を攻撃する部隊で、T細胞、B細胞、サイトカイン、抗体などが担っています。

実は、樹状細胞は、この自然免疫と獲得免疫をリンクさせる重要な役目を担っているのです。

抗原提示は、ガンなどの細胞内由来の「内因性抗原」の場合は、MHCクラスⅠ分子(有核細胞と血小板の細胞表面に存在する糖タンパク)を介して、細胞傷害性を有するCD+8T細胞と呼ばれる細胞(表面にCD8分子を発現しているT細胞)に提示されます。

一方、微生物などの「外来性抗原」は、MHCクラスⅡ分子を介して、ヘルパー機能を有するCD+4T細胞(表面にCD4分子を発現しているT細胞)に提示されます。

分かりやすく言うなら、自然免疫として働く樹状細胞は、ガン細胞や病原体を食べてやっつけるのですが、食べた後にリンパ球が待機しているリンパ節に移動し、自分の細胞内で消化したバラバラになった それら異物の断片の中から、異物の印(抗原)を自分の細胞表面にのせて、T細胞に教えるのです。

つまり、これが抗原提示です。

マクロファージやB細胞も抗原提示をする働きを持っていますが、ナイーブT細胞(抗原に曝露されていないT細胞)に抗原を提示し、それを活性化させることができるのは、樹状細胞だけなのです。

樹状細胞は、ナイーブT細胞に抗原を提示すると、エフェクターT細胞(抗原刺激を受け活性化した細胞)に分化・活性化するとともに、そのクローンを拡大します。

また、先述したように、標的となるガン細胞に接着して、CTLを強力に誘導し、ガンをアポトーシスに追い込むというわけです。

この樹状細胞の働きを利用したのが、元々の樹状細胞治療です。

しかし、この「普通の樹状細胞」を用いた治療は、難治性のガンなどには歯が立たないことが多いことは否めません。

そこで、普通の樹状細胞を更に強力かつ高性能なものへ変化させたのが、「分子標的樹状細胞」です。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝