お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

亜鉛について

「おいしい」を感じるためのミネラル

体内にある亜鉛の95%以上は細胞内にあり、100種類以上の亜鉛含有酵素として働いています。成人の体内には約2.3g含まれています。亜鉛は新しい細胞を作るために必要な酵素の成分で、新陳代謝を活発にしたり、エネルギーを作り出したり、ウイルスから身体を守ったりしています。

それに、亜鉛は舌の表面の味蕾(みらい)にある細胞を作る働きもしています。辞書によると、味蕾とは「脊椎動物の味覚の受容器。舌の上面に存在する、味細胞と支持細胞からなる花の蕾(つぼみ)状の微小な器官。人では約1万個あるといわれ、甘・酸・苦・塩の味をそれぞれ別個の味蕾が受容する」そうです。

その細胞は約2週間のサイクルで作り替えられているというのですから驚きです。亜鉛が不足すると味覚異常、食欲不振、成長障害、皮膚炎などを引き起こしてしまいます。大好きなものを食べて「おいしい」と感じなくなるほど悲しいものはありませんし、味が分かりづらくなると濃い味を好むようになりますから体にも悪いです。

また、男性ホルモンや女性ホルモンが活発につくられるように働くのも、亜鉛の仕事。不足すると抜け毛にカサカサ肌、そして物忘れがひどくなります。

肉やカキなどの魚介、種実(しゅじつ)、穀類(こくるい)などに多く含まれています。ビタミンAと一緒に摂れば働きがアップすることも覚えておきましょう。

亜鉛を摂り過ぎると・・・

長期的な大量の亜鉛摂取は、銅の吸収阻害による貧血や、胃部不快感を引き起こします。

亜鉛を多く含む食品

  1. 豚レバー 80g・・・5.5mg
  2. カキ 2個正味=30g・・・4.0mg
  3. 牛ひき肉  80g・・・4.2mg
スポンサードリンク


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝