お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

善玉菌と悪玉菌 そのバランスが体調を左右する

腸内細菌には「善玉菌」「悪玉菌」「日和見(ひよりみ)菌」があることに「乳酸菌について」で触れましたよね。健康な人の理想的なバランスは善玉菌20%、悪玉菌10%、残りの70%が日和見菌です。

最も割合の高い日和見菌は、善玉菌と悪玉菌の様子をうかがいながら、どちらか優勢な方の味方につくという、なんとも優柔不断な菌。つまり、腸内バランスを整えるためには善玉菌を強くして、どっちつかずの日和見菌を味方につけることが必要になってきます。

ただ、善玉菌が全て良いかというとそうでもなくて、善玉菌の顔をしていても、他の菌とつるむと悪いことをするのもいますし、悪玉菌でも、たまに良いヤツになるのもいます。人間社会と同じく、なかなか難しいのが腸内環境なわけです。

善玉菌は小腸で消化吸収された残りカスに含まれる糖質をエサに、発酵を起こして腸内を酸性にしてくれます。その善玉菌の代表として乳酸菌とビフィズス菌がよく知られています。

乳酸菌は酸素がなくても生きられるのですが、ビフィズス菌は酸素があると生きられないという違いがあります。腸内にいる数としてはビフィズス菌の方が圧倒的に多いのですが、数の問題ではなく、腸内を悪玉菌から守るべく、両者は強力し合っています。どちらが良いというわけでなく、どちらも必要なのです。

ところで、この腸内細菌のバランスですが、年齢によっても変化します。乳幼児の腸内では善玉菌であるビフィズス菌が優勢なのですが、高齢期になると減少するということが分かっています。

つまり、善玉菌の減少は老化を促進する要因でもあるということです。老化現象だけでなく、バランスが崩れることで、お腹はもちろん、体全体の調子が悪くなってしまいます。近年は、若者層の腸内環境の老化も進んでいます。

善玉菌を増やす食べ物としては穀類、イモ類、海藻などの食物繊維が豊富な食品、干しシイタケや切り干し大根などの乾物、ゴボウ、コンニャク、キノコ類など。

大豆、バナナ、牛乳などオリゴ糖が豊富な食品もおすすめ。玉ネギ、ゴボウ、アスパラガスはオリゴ糖を多く含む野菜です。

そして、ご存じヨーグルトなどの発酵乳食品。様々な種類が市販されていますが、相性の合わないものもありますので、自分のお腹に合うのを探しましょう。

スポンサードリンク


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝