お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

妊婦は葉酸の必要量が2倍になる理由

ビタミンB群に分類される「葉酸」は、妊婦に欠かすことができないビタミンです。

葉酸はDNAを生成する栄養素で、細胞分裂を助け、新陳代謝を活性化させて成長を促します。

特に胎児は活発に細胞分裂するため、妊娠中に葉酸が足りないと、核酸やタンパク質が上手く作られず、奇形や発育不良で生まれる確率が高まることが報告されています。

妊娠時は、非妊娠時の2倍量の葉酸が必要になるとも言われ、妊娠の可能性がある人は、サプリメントでの補給が推奨されています。

無論、妊婦でなくても、葉酸には赤血球の生成という大事な役割があります。

貧血予防に鉄分をしっかり補給しても、葉酸が不足すれば、貧血は改善できないのです。

また、葉酸が足りないと、活性酸素を生み出すアミノ酸の一種「ホモシステイン」を増やし、動脈硬化や脳卒中、認知症のリスクを高めるとも言われています。

とはいえ、認知症予防にと、サプリメントで大量に摂ることは避けましょう。

多く摂り過ぎると、亜鉛の吸収が阻害されて味覚障害を起こしたり、蕁麻疹(じんましん)や呼吸障害が出ることもあり、適量を守る必要があります。

尚、1日の必要量は男女ともに240μg。 上限は1400μgまで。

食品では、ホウレンソウ、アスパラガス、ブロッコリー、オクラなどに多く含まれていますので、毎日少しずつ摂るようにしたいものです。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝