お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

「生きて腸に届くか」より自分に合ったヨーグルトを見つける方が大事

低脂肪ヨーグルトや乳酸菌ドリンクなど、スーパーやコンビニの店頭には、様々な「乳酸菌食品」が並んでいます。

健康のために乳酸菌を摂りたい場合、どの商品を選べば良いか迷ってしまいそうですが、効果を期待する目安となるのは特定保健用食品、いわゆる「トクホ」指定のヨーグルトです。

「生きて腸まで届く乳酸菌」とか「高生存ビフィズス菌」といったフレーズを謳っているのがトクホマークのついた商品で、生きて腸に届くことが証明されています。

しかし、乳酸菌(ビフィズス菌は乳酸菌の一種)の場合、生きて腸まで届かなくても、全く無駄になるというわけではありません。

摂取した乳酸菌やビフィズス菌のほとんどは、胃酸や胆汁酸によって胃や小腸で死んでしまうのですが、死んでしまった菌も腸に良い働きをすることが分かってきているのです。

乳酸菌が死んでも、その成分が免疫を調整する作用が残るからです。

むろん、生きて腸に届く乳酸菌にしかできない“仕事”もあります。

特に腸にとって大切なのは、乳酸菌のひとつであるビフィズス菌です。

ビフィズス菌は乳酸を作り出して善玉菌を増やすほか、殺菌力のある「酢酸」を作り出すのが特徴で、腸の健康には欠かすことができません。

ただし、ヨーグルトに含まれている菌は、商品によっても異なります。

つまり、個人の腸内環境によって得られる効果も人それぞれです。

むしろ、「生きて腸に届くか」どうかより、現在の自分の体調や体質に合ったヨーグルトを見つけることのほうが、重要と言えます。

いろいろ食べ比べる場合も、少なくとも1週間以上は同じヨーグルトを食べて効果を確かめるといいです。

また、乳酸菌は、食べれば直ぐに腸に定着するというわけではありませんので、少しずつでも毎日食べ続けるようにしたいものです。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝