お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

水の働きについて

様々な働きを持つ水

「水」は栄養素の分類に入っていませんが、生きていくために不可欠なものです。年齢や性別によって差がありますが、胎児は体重の83~85%、子供は70~75%、成人は60~65%が水分です。

溶解力に優れ、酸素や二酸化炭素など多くの物質を溶かし込むことができ、表面張力、比熱、気化熱、熱伝導率が他の液体に比べて大きいという性質があります。その結果、蒸発しにくい、凍りにくい、よく熱を伝えるといった特徴を持ちます。

その働きは体内に摂取した栄養素や酸素を溶かして組織に運ぶこと、酵素反応の場を提供していること、体温の調節、体液の浸透圧を維持することです。

運動したり、高熱を出したりすると、汗をかいて水分が欲しくなりますよね。健康な状態では、摂取される水分と排泄される水分量のバランスが保たれています。飲み物や果物、野菜などのほか、米やパン、肉類などの食物にも水分は含まれています。一気にたくさん飲むよりも、こまめに常温の水を摂ることが望ましいです。

スポンサードリンク


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝