お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

あらゆるガンはミトコンドリア内膜にダメージ

多数の研究から、あらゆるガンでミトコンドリアの細胞内呼吸がダメージを受けていることが分かっています。

興味深いことに、動物の発ガン実験では、発ガン性のある化学物質、放射線やウイルスを使用しますが、その場合にもミトコンドリアの細胞内呼吸にダメージを与えることが分かってきました。

さらに、これらの発ガン性物質は その後ガン遺伝子をも活性化することが分かったのです。

つまり、まずミトコンドリアの細胞内呼吸がダメージを受けて、その後に核に格納されているガン遺伝子が変異するということが示唆されるのです。

これを裏付ける実験として、脳腫瘍細胞では腫瘍形成前に活性酸素種(ROS)が急増することが分かっています。

これは、ガン細胞に特有の遺伝子の不安定性(遺伝子変異)がミトコンドリアによる活性酸素種の発生によって引き起こされていることを示しています。

一般にガンが形成される前に、ミトコンドリア内膜にダメージを受けた反動で一時的にミトコンドリアの細胞内呼吸(酸化的リン酸化)が高まり、その後急激に低下します。

それに代わり、酸素下での糖やグルタミンの発酵が盛んになります。

これはまさしく「酸素下での発酵、遺伝子の突然変異、そしてガン形成の前に必ずミトコンドリアの細胞内呼吸ダメージがある」というワーバーグ(ワールブルグ)理論そのものを裏付けています。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝