お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

ビタミン様物質

ビタミンと似た働きをするが定義を満たしていない物質

現在、ビタミンとして認められている13種類の成分以外にも、ビタミンとよく似た働きをする物質があります。

これらは、体内で合成されるので食物として摂らなくても欠乏症は起こらないなど、ビタミンの定義を満たしていません。

そこで「ビタミン様物質」と呼ばれます。

体の機能を整え病気予防に効果があるものも

いまだ研究段階ですが、体の機能を整え、病気の予防に効果のある物質として注目されています。

すでに医薬品として活用されているものも少なくありません。

ビタミン様物質の種類

【コリン】

体内でアミノ酸のセリンから合成される水溶性の物質で、神経伝達物質である※アセチルコリン、リン脂質であるレシチンなどの成分となります。

アセチルコリンには血管を拡張して血圧を下げる作用があります。

レシチンは細胞膜を構成する物質で、血管壁へのコレステロールの沈着や肝臓への脂肪の蓄積を抑えます。

そこで、コリンには高血圧、動脈硬化、脂肪肝などを予防する働きがあります。

食品ではレバー、卵、大豆、牛肉、豚肉に多く含まれます。

※アセチルコリン・・・副交感神経や運動神経末端から放出される神経伝達物質です。アセチルコリンが骨格筋や心筋の筋繊維に存在するアセチルコリン受容体に結合すると筋収縮を促進します。

【イノシトール】

体内でグルコースから合成される水溶性の物質で、リン脂質の成分となり細胞膜を構成しています。

脳・神経細胞に多く含まれ、神経機能を維持しています。

また脂肪の沈着を防いで、脂肪肝や動脈硬化を予防します。

オレンジ、すいか、メロン、グレープフルーツに含まれます。

【コエンザイムQ(ユビキノン)】

細胞内のミトコンドリアに多く存在し、エネルギーを作り出す補酵素として作用します。

体内での合成能力は、20歳をピークに年齢とともに衰えます。

コエンザイムQには、強力な抗酸化作用があり細胞膜の酸化を防いでいます。

医薬品として、鬱血性(うっけつせい)心不全の治療薬として使用されるほか、生活習慣病の予防やアンチエイジングにも幅広く利用されています。

サバ、イワシ、牛肉、豚肉、ピーナッツに含まれます。

【リポ酸】

エネルギーを作り出すTCAサイクルで、糖質の代謝に関わる物質です。

強い抗酸化力を持ち、ビタミンEやCとともに活性酸素を消去し生活習慣病を改善する効果が期待されています。

レバー、ほうれん草、酵母に含まれます。

【オロット酸】

ビタミンB₁₃ とも呼ばれ、体内ではアスパラギン酸などから合成されます。

葉酸やビタミンB₁₂ の代謝を助ける働きがあります。

肝臓障害や老化を予防する働きがあるともいわれ、今後の研究が期待されています。

根菜類、小麦胚芽、ビール酵母に含まれます。

【カルニチン】

ビタミンBTとも呼ばれます。

体内のカルニチンのほとんどは筋肉細胞にあり、脂肪酸をミトコンドリア内部に運ぶ役割があります。

脂肪酸の燃焼を促進するとしてダイエット効果が注目されています。

加齢により、減少することが示されています。

羊肉、牛肉、赤貝に含まれています。

【ビタミンP】

ビタミンCの機能を助ける作用があり、ビタミンCとともに毛細血管を強化し内出血を防ぐ物質です。

ヘスペリジン、ルチン、ケルセチンなどのフラボノイド化合物がビタミンPの働きをします。

高血圧の予防、出血性の病気の予防に効果があるほか、細菌が体内に侵入するのを防ぎ、免疫力を高めて風邪を引きにくくする効果もあります。

みかん、オレンジ、あんず、そばに含まれます。

【ビタミンU】

キャベツ汁から発見されたため、別名キャベジンとも呼ばれる脂溶性のビタミン様物質です。

ビタミンUには細胞分裂を促進し、タンパク質の合成を活発にする作用があります。

胃腸の粘膜組織を作り、傷ついた組織を治す働きもあります。

過剰な胃酸の分泌を抑えることから胃潰瘍や十二指腸潰瘍の予防や治療に有効とされ、ビタミンUを含んだ多数の胃腸薬が販売されています。

【パラアミノ安息香酸(あんそくこうさん)】

体内で葉酸が合成されるときに必要な物質です。

このため、パラアミノ安息香酸が不足すると、貧血の予防、核酸合成を介して細胞の再生を助けるなどの葉酸の働きが阻害されることになります。

葉酸をはじめビタミンB群のビタミンは、腸内の細菌の増殖を助ける働きもあるので、ビタミンB群の摂取不足も補います。

レバー、卵、牛乳、玄米に多く含まれます。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝