お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

ビタミンB₁ が欠乏するとイライラや鬱気分を引き起こすという悪循環に

ビタミンB₁ が欠乏すると起きる病気が「脚気(かっけ)」です。

脚気は、江戸時代は「江戸わずらい」と呼ばれて流行したほか、大正時代にも日本各地で脚気が多発しました。

どちらの場合も、ビタミンB₁ が豊富なコメの胚芽部分を捨て、精米された白いコメを食べたことで、ビタミンB₁ が欠乏したのです。

ビタミンB₁ は、コメなどの糖質をエネルギーに変える重要な物質です。

不足すると糖質の代謝がうまくいかなくなり、乳酸などの疲労物質が溜まって疲れやすくなります。

また、体の神経機能の働きが変調をきたします。

その代表例が脚気の症状です。

それに加え、ビタミンB₁ は別名「精神的ビタミン」と呼ばれるほど、ストレスとか関わりの深い栄養素です。

不足するとイライラ、鬱(うつ)気分、記憶力低下などを引き起こします。

イライラや気分が沈んでいるときは、飲んだり食べたりしてストレス発散しようとする人もいますが、糖質の多い食べ物やアルコールを飲むと、ビタミンB₁ の消費量が増え、益々不足しやすくなります。

結果、イライラや鬱気分を引き起こすという悪循環に陥りかねません。

丼物やラーメン、パスタ、甘いものが好きな人や、アルコールをよく飲む人は、ビタミン群豊富な豚肉で栄養補給するのがお勧めです。

白米を玄米に替えるだけでも摂取量をアップすることが可能です。

また、白いパンより全粒粉パン、うどんよりソバなど、出来るだけ精製されていない食品を選ぶといいです。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝