お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

ビタミンKについて

血液の凝固や丈夫な骨にする働きを助けるビタミンK

「ビタミンK」は“血液”と“骨”に必要不可欠なビタミンです。出血したときに血を止める働きをするため“止血ビタミン”とも呼ばれています。血液を固めて止血させるための因子を活性化させるのです。ビタミンKが不足すると出血が止まりにくくなったり、鼻血が出やすくなったりします。

また、骨のタンパク質を活性化させて、骨の材料となるカルシウムをしっかり取り込む手助けをしてくれます。不足すると、せっかく食べ物から吸収されたカルシウムが骨から血液に溶けてしまいます。虫歯や骨折をしやすくなったり、骨粗しょう症になったりしますので気を付けましょう。

ただ、ビタミンKは食品から摂取するほかに、腸内細菌によっても合成されるので、それほど心配することはありません。でも、ビタミンKは胎盤を通過しにくく、また母乳中の含有量が少ないのです。おまけに乳児は腸内細菌が少ないため、ビタミンKが生成されにくいので、新生児にはビタミンKの経口投与が行われています。

食べ物でいうと、モロヘイヤや小松菜、ホウレンソウなどの青菜に多く含まれています。ヒジキやコンブ、ワカメなどの海藻類や納豆に代表される発酵食品、肉や乳製品などにも多く含まれています。ビタミンA、D、Eと同じく「脂溶性ビタミン」なので油脂と一緒に摂るのが良いでしょう。

腸内細菌で合成されますので、腸内環境を整えておくことも大事です。食事から摂り過ぎるということはありませんが、サプリメントなどでの摂り過ぎは貧血や血圧低下が起こることがありますので注意しましょう。

ビタミンKを多く含む食品(1食あたりの含有量)

  1. モロヘイヤ 1/2袋=55g・・・352μg
  2. 糸引き納豆 1パック=50g・・・300μg
  3. 豆苗(とうみょう)1/2パック=50g・・・140μg
  4. ヒジキ(乾) 10g・・・58μg
スポンサードリンク


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝