お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

ビタミンCを積極的に摂ることで心臓病の予防にもつながるらしい

ビタミンCは肌に良かったり免疫アップにもパワーを発揮するだけではなく、積極的に摂ることで心臓病の予防にもつながるとデンマーク・コペンハーゲン大学の研究者らが実施した調査で明らかになりました。

研究ではデンマーク人約10万人の健康データを分析。

そのデータには、病歴や家族構成、収入、食事の傾向、受けた教育などが含まれています。

その中で、ビタミンCの摂取量にフォーカスしたところ、ビタミンCを豊富に含む果物や野菜をたくさん摂る人は、ほとんど摂らない人に比べ、心循環器系の病気に罹るリスクが15%低く、また突然死のリスクもビタミンCを摂る人では20%低いことも明らかになりました。

虚血性心疾患を患ったり、そのために亡くなった人、また血液中のビタミンC濃度が遺伝的に高い人のデータを詳細に調べた結果からも、ビタミンCの積極的摂取で心疾患や突然死のリスクを下げられることが確かめられました。

研究を行ったBorge Nordestgaard教授は「果物や野菜をたくさん食べて血中ビタミンC濃度を上げると健康維持につながる」と解説しています。

ちなみに、ビタミンCは体内に”貯蔵”されることがありません。

余分なものは尿とともに体外に排出されますから、摂りすぎによる副作用の心配は不要です。

みずみずしい夏の野菜や果物を美と健康のために、積極的に食卓にどうぞ。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝