お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

人体にビタミンCが切実に必要な理由

犬や猫など、ほとんどの動物にとってビタミンCは自分で作り出すことができる物質ですが、残念ながら私たち人間には作り出すことができません。

さらに、ビタミンCは働き者でかなりの量が必要なため、人体に入るなり、各臓器で「取り合い」状態になります。

特にビタミンCを大量に必要とするところが3つあります。

「副腎」、「免疫細胞」、「眼」です。

この3つの場所へは優先的にビタミンCが回されます。

まず副腎はコレステロールを原料に、様々なステロイドホルモンを作ります。

ステロイドホルモンはアトピーの薬として認識されていることが多いかも知れませんが、元々体内に多様な顔ぶれが存在し、全身の機能を保つために重要な仕事をしています(ストレスに対抗するためのコルチゾール、男性ホルモン、女性ホルモンなどが代表的なステロイドホルモンです)。

この多種多様なステロイドホルモンを作る過程で、副腎は多くのビタミンCを必要とします。

なぜなら、ステロイドホルモンを合成する酵素はビタミンCのサポートによって、活性を維持しているからです。

また、ホルモンを生成する過程では大量の活性酸素が発生してしまいます。

副腎はこの活性酸素によるダメージを防ぐためにも、抗酸化物質であるビタミンCを必要としているのです。

ストレスにさらされる機会が多い現代人は、抗ストレスホルモンのコルチゾールを生産するために副腎を酷使しています。

頑張っている副腎にはたっぷりとビタミンCを与えてあげてください。

スポンサードリンク

次に免疫細胞。

体外から侵入してきたウイルスや細菌を除去して病気を防いでくれる細胞ですが、外敵と戦う際には大量の活性酸素が発生します。

それゆえに自分の身を守るためのビタミンCを必要とします。

いってみれば防弾チョッキの役目です。

それから眼。

眼は体の中で唯一、外からの光に対して皮膚ガードがなく、むき出しになっている臓器です。

紫外線に直撃されるため、その害を防ぐビタミンCが必要です。

ビタミンCを十分に摂取すると、白内障のリスクが低下することがわかっています。

ほかに、大量のエネルギーを消費する脳も、たっぷりのビタミンCを要求します。

これらを踏まえると、ビタミンCの重要性がかなりリアルに感じられるのではないでしょうか。

体内に十分なビタミンCがあるのとないのとでは、元気度がまったく違ってきます。

日頃からピーマンやブロッコリーなどの野菜や果物からビタミンCをしっかり摂取することを心掛けていただきたいと思います。

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝