お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

タバコ1本で1日に必要なビタミンCの4分の1以上を消費する

ビタミンCの働きでよく知られているのは、コラーゲンの合成に関わる働きです。

コラーゲンは、皮膚や軟骨の細胞同士を結合して滑らかに整えたり、肌の弾力を保っている成分です。

そのコラーゲンを作るのに、ビタミンCは必要不可欠な栄養素なのです。

ビタミンCは、強い抗酸化力で有害な活性酸素の働きを抑え、動脈硬化、脳卒中、心筋梗塞などを予防する働きを持ちます。

不足すると、毛細血管が傷ついて歯茎や皮下から出血が起きる「壊血病」の原因になったり、風邪をひきやすくなります。

それは、体内へのウイルスの侵入を防ぐ白血球のサポート役として働いているからです。

風邪のひきはじめにビタミンCの摂取を勧められるのは、通常より多くのビタミンCを消費するからです。

なかでも、ビタミンCを不足しやすいのは、タバコを手放せない喫煙者です。

実際、喫煙者と非喫煙者の血液中のビタミンC量を比較すると、倍以上も違うというデータもあります。

体内では、タバコ1本につき、25mgものビタミンCを消費しています。

これは1日の必要量100mgの4分の1に相当する量です。

有害なタバコを対外へ排出するために、大量のビタミンCが必要になるのです。

不足分は、体内に蓄えられたビタミンCから消費されますが、タバコに使われてしまう分、抗ストレス効果や美肌効果などは後回しになってしまいます。

イライラしたりストレスを感じると、ついタバコに手を伸ばしたくなりますが、そこはグッと我慢です。

ビタミンCを含む食品を積極的に摂ったほうが、ストレス解消になります。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝