お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

ビタミンB₁₂の働きは「赤血球を作る」「神経伝達物質の合成を促す」

「鉄分のサプリメントを摂っているのに、貧血が改善しない・・・」という人は、ビタミンB₁₂不足かもしれません。

ビタミンB₁₂は、葉酸と共に赤血球を作るビタミンで、不足すると貧血になったり、全身に酸素が行き渡らなくなるため動悸(どうき)や息切れ、しびれといった運動障害を引き起こす原因になります。

もうひとつ、ビタミンB₁₂には、神経伝達物質の合成を促して精神を安定させたり、記憶力を高めるという重要な働きを持っています。

認知症の患者は、脳内のビタミンB₁₂の濃度が低いという報告もあり、健康な人でも不足すると、物忘れがひどくなったりします。

もっとも、ビタミンB₁₂は肉や魚など多くの食品に含まれ、必要な量もごくわずかです。

たとえば、牡蠣(カキ)なら2分の1個、海苔(のり)なら1枚食べれば必要量に達するので、欠乏症の心配はさほどありません。

ただし、植物性食品に ほとんど含まれていないため、動物性食品を避けるベジタリアンは不足しがちになります。

胃にトラブルを抱えていたり、胃の摘出手術をした人、高齢者も食べ物からは吸収しづらくなりますので要注意です。

なお、植物性食品でも、納豆、味噌、甘酒、醤油などの発酵食品には、ビタミンB₁₂が含まれています。

肉・魚を食べない人や、不足が気になる人は、発酵食品を積極的に食べるといいでしょう。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝