お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

ビタミンって何?

ビタミンは他の栄養素がスムーズに働くようにサポートする役割

「ビタミン」はタンパク質、脂質、炭水化物(糖質)、ミネラルと並ぶ、五大栄養素のひとつです。ただし、他の栄養素と違ってエネルギーや体の組織をつくる成分には ほとんどならず、他の栄養素がスムーズに働くようにサポートする役割を持っています。

そして様々な生理機能の維持に努めたり、エネルギーや体組織をつくるための代謝に関わっています。三大栄養素の代謝をサポートするのがビタミンB₁、B₂、B₆など。抗酸化作用を持つのがビタミンA、E、Cなど。

「微量栄養素」といわれ、必要な量は わずかですけど、その量が満たされないと特有の欠乏症を起こしてしまいますから、あなどってはいけません。体内で合成されるものもありますが、それだけでは足りませんので、食品から摂取する必要があります。

栄養素として不可欠なビタミンの種類は13種で、大きく二つのグループに分けられます。ひとつは「脂溶性ビタミン」といって油に溶けやすく、熱に強いタイプ。ビタミンA、D、E、K の4種。これらは摂り過ぎると肝臓などに蓄積されて過剰症を起こすことがありますから気をつけないといけません。

そして もうひとつが「水溶性ビタミン」で、水に溶けやすく熱に弱いタイプ。ビタミンB群とビタミンCで 9種あります。こちらはたくさん摂っても体の中に貯蔵しておくことができず、必要分以外は その都度 排泄されてしまいます。

微量栄養素とは?

三大栄養素に比べると、少ない摂取量で足りる栄養素です。有機化合物の微量栄養素をビタミン、無機化合物をミネラルといいます。

スポンサードリンク


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝