お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

運動と五大栄養素

運動と五大栄養素の関係

糖質、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラルの五大栄養素(水を加えると六大栄養素)が運動には必要です。

糖質と脂質はエネルギー源に、タンパク質は筋肉の構成に、ビタミンとミネラルはエネルギーや体を構成するための代謝に欠かせません。

そして、水は生命の維持に必須です。

運動中には発汗のため体内の水分が不足するので、運動の前後や最中に水分補給をすることが、熱中症などによる脱水症状の予防に繋がります。

栄養素のどれか1つが不足しても、体の機能は上手く働きません。

特に、運動をするときは、その運動種目に応じて必要な栄養素を摂取することが大切になります。

サプリメントは健康補助食品

最近は、テレビコマーシャルなどでもサプリメントをよく目にします。

でも、サプリメントは健康補助食品で、薬ではありません。

つまり、医学的効果は保障されていないのです。

国が定めた基準を満たす栄養素を含んだ栄養機能食品も、あくまでも食事で摂れない、不足している栄養素を補うためのものです。

サプリメントを飲んでいるからといって、食事を適当に済ますというのは、間違っています。

スポーツ選手の間では、サプリメントはよく利用されています。

体調を整えるためのビタミン・ミネラルをはじめ、ケガの予防のためにコラーゲンを摂るなど、運動種目や強化したい内容に合わせて、サプリメントを利用しています。

使う場合は専門家に相談

スポーツ選手の場合、種目によっては必要なエネルギー量やタンパク質が、一般の人の数倍必要なことがあります。

それらを効率よく補うために、サプリメントを利用します。

サプリメントを摂取しても、運動能力がアップするということはありませんが、基本となる体作りに役立つことがあります。

よく利用されるのが、筋肉をつけるためのプロテイン(タンパク質を主成分とするもの)です。

しかし、これを摂り過ぎるとエネルギーが過剰となり、肥満の原因になります。

サプリメントを利用する場合、可能な限り専門家に相談することをお勧めします。

※サプリメント・・・追加や補足を意味する語であり不十分な箇所や誤りを訂正するために後から付け加えた部分を指します。日常的に摂取が困難な場合に補足して用いられる食品や栄養素を指します。

運動と栄養素の関係

【糖質、脂質】

体を動かすためのエネルギー源です。

糖質は脂質に比べ、エネルギーとして速く使われます。

脂質は少ない量でも燃焼量が多く、消化・吸収に時間がかかるので、長時間の運動時に必要です。

【タンパク質】

筋肉や血液を作る材料となります。

筋力が必要な場合は、良質のタンパク質を多く摂取しましょう。

【ビタミン】

エネルギーを使うときには、糖質や脂質と一緒にビタミンB₁、B₂を摂る必要があります。

運動によって活性酸素が発生するので、抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンE、β – カロテンなどを補給しましょう。

【ミネラル】

貧血や骨折予防として、カルシウムや鉄を摂取しましょう。

※発汗が多い場合は、水分やカルシウム、塩分を補充します。

運動のためにサプリメントを摂取する場合

サプリメントは、自分の体や行うスポーツに合ったものを選ばなければ、害になることもありますので、気をつけましょう。

コマーシャルで良く効くと宣伝していたから、人に勧められて・・・など、気軽な気持ちでサプリメントを摂るのは危険です。

【スポーツに適したトレーニング内容と栄養素】

そのスポーツをするには、どのようなトレーニングが必要か、目標とする体を作るためにどのような栄養素が必要かを認識しておきましょう。

【自分の栄養摂取状態、体格、運動能力などを把握する】

自分の体の状態を正確に把握した上で、目標に向けてどんな栄養素が不足しているか確認しましょう。

【摂りたい栄養素を効率よく摂取する方法を知る】

自己判断だけでサプリメントを摂取せず、専門家に相談するなどして、自分に合ったものを摂取しましょう。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝