お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

朝食抜きは血糖値を乱高下させるので太りやすく老化を早める

私たちの多くは、たいてい一日三度、食事を摂ります。

下のグラフは「朝食あり」のケースで、一日の血糖値とホルモン値の推移を表したものです。

血糖値 朝食あり

血糖値が上がってくるとインスリンが放出されて、血糖値を上げ過ぎないようにします。

それで血糖値が下がってきて、また食べて上がれば、またインスリンの量が増えます。

一日は、この繰り返しになっており、三度の食事で3つの山を示しています。

ところが朝食を抜くと、どうなるでしょうか。

血糖値 朝食抜き

寝ている間に血糖値は普通に下がってきますが、朝食を摂らずに活動を始めると、血糖値を上げる働きをする「インスリン拮抗(きっこう)ホルモン」が増えていることが分かります。

そうやって血糖値を下げないようにしているわけですが、この状態のときに昼食の時間がやってきます。

つまり、血糖値を上げる作用が働いているときに昼食で糖質を摂ると、血糖値がいつもより、さらに高くなってしまうのです。

そこで慌ててインスリンが大量に出て、血糖値を下げようとします。

インスリンが大量に出ると、今度は血糖値が急に下がります。

するとまたインスリン拮抗ホルモンが大量に出てくる、という悪循環になってきます。

その結果、「朝食抜き」のほうのグラフでは、急勾配(きゅうこうばい)の2つの山が出来ています。

昼食と夕食のときに血糖値が急上昇するということで、「朝食あり」の血糖値のなだらかな推移と比べると、その違いが明らかです。

身体への負担も大きいですし、なにより太ります。

これは、効果的に太るための力士の食事法です。

インスリンが出るたびに、ブドウ糖を変換して脂肪細胞に溜め込む作用を利用したものです。

せっかくダイエット効果を狙ったつもりでも、食事を抜くと、かえって太りやすくなるのです。

しかも、常時、インスリン拮抗ホルモンが大量に分泌されますので、分泌もとの副腎が疲れて、アレルギー症状のもとになったり、鬱(うつ)の原因になったりします。

血糖値が急に下がったときにはアドレナリンが放出されますが、そのときに血管をギュッと締めるのです。

そのため、狭心症(きょうしんしょう)が出たり、手足の血管が狭(せば)まるので冷え症の原因になったり、筋肉がこわばることで起こる頭痛になったりします。

血糖値を乱高下(らんこうげ)させるような食事は、いろいろな弊害を生み、老化を促進するのです。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝