お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

痛風

遺伝的な体質だけでなく食事の影響も

痛風は、体内の尿酸が増えて起こる疾患です。

尿酸は、肝臓でプリン体(アデニンやグアニン)が分解されてできる物質で、通常は尿として排泄されます。

しかし、尿酸の産生が過剰なときや、腎臓からの排泄がうまくできないときなどは、血中に増加して※高尿酸血症となります。

すると、水に溶けにくい尿酸は結晶になって関節(足の親指の関節やひざ関節)や腎臓に溜まり、痛風発作などを引き起こします。

尿酸の増加は、体質、年齢、性別、生活習慣など、様々な要因がありますが、なかでもプリン体の過剰摂取や飲酒などの食習慣と密接に関わっています。

※高尿酸血症・・・高尿酸血症は痛風のみならず尿酸結石のリスクもあります。野菜類を多く摂取して尿をアルカリ性に保ち、水分を多く摂り尿量を増やすことが尿酸結石の予防や治療に有効です。

まずは肥満を解消する

予防・改善には、食習慣の改善が効果的です。

肥満になると尿酸の排泄が抑制されるので、適正体重を維持しましょう。

また、プリン体の摂取量を制限するのも有効です。

レバーや白子、イワシ、エビ、カニ、牛肉、豚肉などは食べ過ぎに気を付けましょう。

食生活のポイント

1.肥満にならないよう、適正体重を維持しましょう。

2.プリン体はビールに多く含まれているので、飲み過ぎに注意しましょう。

3.尿酸値を下げるには、十分な水分補給が重要です。

特に摂りたい食事・成分

【野菜】
プリン体が少ないのでしっかり食べて満腹感を得ましょう。

【豆腐】
タンパク質の中ではプリン体が少なめ。

【水分】
尿酸の排泄を促します。水やお茶で補給しましょう。

生活習慣を見直す

【有酸素運動を取り入れましょう】

激しい運動は尿酸値を上昇させます。

散歩や水泳など、全身を使った有酸素運動を積極的に行いましょう。

【良く噛んで食べましょう】

良く噛んでゆっくり食べて食べ過ぎを防ぎ、肥満にならないようにしましょう。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝