お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

糖質の働き

糖質は三大栄養素の1つであり、炭水化物とも呼ばれています。

多くの市販の食品には、パッケージなどに、その製品の栄養成分が表示されています。

表示の中の栄養成分に、「炭水化物」もしくは「糖質」「食物繊維」と記載がありますが、「炭水化物」は、「糖質」と「食物繊維」の合計で表されます。

糖質に属する物質で食品に関係のあるものには、ブドウ糖、果糖、ガラクトース、ショ糖(砂糖)、麦芽糖、乳糖、デンプン、グリコーゲン、セルロースなどがあります。

糖質は炭素、水素、酸素の3つの元素で構成され、体内で燃焼すると炭酸ガスと水に分解されて代謝されます。

糖質は消化がよく、体内に吸収されたあとは最終的にブドウ糖に分解され、血糖として体内を循環してエネルギーを供給します。

消化・吸収されて血液といっしょに全身をめぐり、体の中で1gあたり4kcalのエネルギーになります。

特に脳では血液中の糖質(ブドウ糖)だけがエネルギー源なので、極端に糖質が不足すると意識障害などがおこることがあります(通常はこのようなことはおこりません)。

また糖質は、同じエネルギー源でも脂質やたんぱく質と比べると、すばやく使えるという特長があります。

このため、ウォーキングなど長時間の軽い運動には主に脂質が使われますが、短距離走のように短時間の激しい運動には糖質からのエネルギーが使われます。

糖質の体内での存在量は意外に少なく、血液中のブドウ糖のほか、肝臓や筋肉にグリコーゲンとして少量を貯蔵しているだけです。

すぐ使う量以上に食べた糖質は、体の中で脂肪となって蓄積されるからです。

ブドウ糖は、脳・神経系のエネルギー源としても重要です。

なお、脂質(脂肪)やたんぱく質もエネルギー源となりますが、糖質の特長は消化がよいため即効性があることです。

糖質はエネルギー源となるばかりでなく、体を構成して、筋肉の運動や体温を調節する働きもあります。

エネルギーとして消費されなかった糖質は、体内に脂肪として貯蔵されるので、肥満の原因となります。

糖質の中でも果糖やショ糖は体内で脂肪に変わりやすいので、摂りすぎには注意が必要です。

同じ糖質でも、ブドウ糖を含む穀類やでんぷんを含むイモ類のほうが、果糖やショ糖に比べて太りにくいといえます。

【糖質が少ない時の弊害】

  • エネルギー不足
  • 疲労感・倦怠感
  • 体重の減少
  • 集中力の欠如
  • 運動能力の低下

【糖質が多い時の弊害】

  • 脂肪の蓄積(砂糖などの単糖類のとり過ぎ)
  • 栄養バランスの崩壊
スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝