お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

糖質はどんな栄養素か

エネルギー源として最も重要

糖質は穀類、いも類、砂糖などの主成分であり、私たちのエネルギー源として最も重要な栄養素です。

摂取量が最も多いのは、多糖類のデンプンです。

その他に二糖類のマルトース、ラクトース、スクロース、単糖類のグルコース、フルクトースなどがあります。

糖質は炭素、酸素、水素の結合した化合物であり、体内で二酸化炭素と水に分解され、1g当たり4キロカロリーのエネルギーを発生します。

日本人が、日頃の食生活で摂っているエネルギー(1日平均摂取エネルギー量)は約2000キロカロリーですが、その約60%は糖質から得ています。

また、糖質は、タンパク質や脂質と結合して、細胞膜などを作る成分となります。

皮膚や筋肉などの結合組織や体液にも糖質が含まれ、潤滑剤、保護剤として細胞間を埋めています。

グルコースから合成されたリボースは、DNAやRNAなどの核酸を作る成分となります。

しかし糖質は、人体の構成成分としては多くありません。

これは糖質の主な作用がエネルギー源であることと、余った糖質は脂肪として考えられるためです。

糖質の摂り過ぎと不足の影響

糖質の大部分はグルコースとして体に摂り込まれ、グリコーゲンの補充をします。

過剰分は、脂肪に変換されてエネルギー貯蔵物質として溜め込まれます。

糖質が不足しているときは、脂肪やタンパク質をエネルギー源としなければなりません。

糖質不足状態で脂肪をエネルギー源とすると、ケトン体と呼ばれる酸性物質が血中に増えて、※アシドーシス(酸血症)を引き起こします。

※アシドーシス・・・体液の電解質、呼気中への二酸化炭素の排出、腎臓での酸の排出などによって、血液のpHは7.4付近に調節されています。血液のpHが正常範囲から酸性にある状態をいいます。

タンパク質をエネルギー源にすると、体タンパク質が作られず、筋肉量が減少することになります。

食物繊維はノンカロリーではない

栄養学では、糖質と食物繊維をまとめて炭水化物と呼んでいます。

食物繊維は、人の消化酵素では分解されないため小腸では吸収されず、大腸に運ばれます。

そこで腸内細菌による発酵を受け、酪酸やプロピオン酸などの短鎖脂肪酸、二酸化炭素、水素やメタンなどを作ります。

短鎖脂肪酸は吸収され、エネルギー源として利用されるので、水溶性食物繊維は1g当たり2kcal、不溶性食物繊維は1kcal程度の利用エネルギーを持ちます。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝