お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

「糖質」って何?

糖質とは、簡単に言えば「血糖値を上げる栄養素(食品)」です。

摂取した後、速やかに血糖に変わるのが糖質です。

問題の本質は、血糖を上げるか上げないかだけなのです。

血糖が増えると人体に害があるため、体はそれを筋肉細胞などに取り込むことによって減らすことになるのですが、糖尿病の人の場合には血糖を減らす機能のスイッチとなるインスリンがうまく働かないため、高血糖状態が続き、目の網膜や腎臓に障害が起こることになります。

ですから、血糖を上げない食事なら、いくら食べてもいいのですが、食後に血糖を急速に上昇させる食品は、少量食べただけでも問題を生じるわけです。

そして高血糖は、糖尿病だけでなく、様々な健康被害の原因になります。

血糖を最も効率的に上げるものが、ブドウ糖(グルコース)です。

ですから、糖質制限においてはブドウ糖そのものが含まれる食品はなるべく避けるべきですし、体内でグルコースに変わるデンプンも控える必要があります。

しかし、同じ炭水化物であっても、食物繊維のように、人体が分解も吸収も出来ないものであれば食べても問題ありません。

果物に含まれる果糖(フルクトース)は、血糖値を上げませんが、直(ただ)ちに中性脂肪に変化して太る原因となります。

ですから、糖質が少なく脂質が多い果物であるアボカドのような一部の例外を除き、果物も食べないほうが良いです。

乳糖(ラクトース)は摂取しても良いようです。

また人工甘味料の多くは、強烈な甘味を持っていても血糖を上げる作用は少ないため、「血糖を上げる糖質」には入りません。

さらに、問題は血糖値の上昇だけですので、血糖値と関係のない食品(タンパク質、脂肪)は摂取を制限する必要はありませんし、摂取カロリー数を計算する必要もないわけです。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝