お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

トマトの抗酸化力はβ-カロテンの2倍、ビタミンEの100倍以上

美肌効果や風邪予防に役立つビタミンC、若さを保つビタミンE、塩分の排出を助けるカリウム、腸内環境を整える食物繊維をバランスよく含む健康野菜が「トマト」です。

トマトの健康成分の中でも、特に注目されているのが、赤い色素の「リコピン」です。

リコピンは、植物が持つ赤、黄色、オレンジ色といった色素「カロテノイド」の一種で、活性酸素を抑制する働きがあります。

特にトマトの抗酸化作用は強力で、β-カロテンの2倍、ビタミンEの100倍以上あり、生活習慣病、老化、メタボリック症候群の予防効果があると言われています。

とはいえ、実はこれらの研究はまだ始まったばかり。

トマトの成分には、まだ分かっていないことのほうが多いのです。

千葉県にある「かずさDNA研究所」が2008年に発表した論文によりますと、トマト果実から869の成分が検出され、そのうちの494は新規物質だったことが分かりました。

しかも、新規成分の中には、強い毒性をもった物質が含まれていると言います。

もっとも、トマトに含まれる毒はごく微量なもので、食べたからといって害があるわけではありません。

そもそも、人体に有害な物資を持つ植物はそう珍しくありません。

むしろ、トマトの場合、未知の物質にも健康成分が含まれている可能性が高いと言えそうです。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝