お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

食事中に緑茶を飲むと鉄分が吸収されにくくなる?

おにぎりにお茶、サンドイッチにコーヒーなど、食事中にお茶やコーヒーを飲む人は少なくないでしょう。

ですが、この食べ方、栄養学的にみると、あまりオススメできません。

というのは、食事と一緒に緑茶やコーヒー、紅茶などを飲むと、これらに含まれる苦味(にがみ)成分「タンニン」が、鉄分の吸収を阻害してしまうからです。

鉄分は、体に酸素を運ぶ赤血球のヘモグロビンや、筋肉に酸素を蓄えるミオグロビンの構成成分です。

不足すると酸欠状態になり、息切れ、めまい、疲れなどの症状が表れます。

なかでも有名なのが貧血です。

特に女性は鉄不足になると、貧血も悪化してしまいます。

鉄分の多いホウレンソウや小松菜を食べるときは、お茶は控えたほうがいいでしょう。これは「非ヘム鉄」の場合。

鉄には「ヘム鉄」と「非ヘム鉄」の2種類があり、肉や魚に含まれているのがヘム鉄。野菜や豆類に含まれる鉄を非ヘム鉄と言いますが、鉄分を吸収しにくくなるのは「非ヘム鉄」の方ですので肉料理や魚料理であれば問題ありません。

ハンバーグやレバニラ定食を食べたあと、お茶やコーヒーを飲んでも大丈夫です。

スポンサードリンク

私が愛用しているサプリメントです。


関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝