お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

鉄を多く摂り過ぎると急性中毒や血管疾患になる

「鉄」は日本人の食生活では欠乏することはあっても、過剰になることは少ない栄養素です。

特に貧血気味の女性は、「突然、目の前が真っ暗になって、バタン・・・」という事態を避けるため、サプリメントで鉄を補っている人が多いようです。

しかし、手軽に補給できるようになった分、新たな心配も出てきました。

サプリメントの誤用や、自己判断による鉄過剰症が増えているからです。

鉄をあまりに多く摂り過ぎると、吐き気、嘔吐、下痢などの急性中毒症状が出たり、鉄が体内に蓄積されることによる慢性過剰症を引き起こすことがあります。

体内に溜まった鉄をそのままにしておくと、皮膚に色素沈着を起こしたり、血管や臓器がダメージを受けて劣化します。

その状態が続くと、肝硬変、糖尿病など恐ろしい病気を招くことがありますので、女性に限らず、男性もサプリメントの摂取量には注意が必要です。

ちなみに、男性でも鉄不足になることがあります。

それは、ヘリコバクターピロリ菌が原因になっているケースです。

胃の中にピロリ菌がいると萎縮性(いしゅくせい)胃炎を起こして、鉄の吸収を妨げてしまいます。

貧血の疑いがある人は、まずは病院で相談してみましょう。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝