お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

なぜクエン酸で疲労回復できるのでしょう?

「クエン酸サイクル」は、クエン酸(Tri-Carboxylic Acid)の頭文字を取って「TCAサイクル」とも呼ばれています。

また、発見者の名前を取ってクレブス・サイクルとも呼ばれており、生化学者H.A.クレブス博士は1953年、この回路発見の功績からノーベル医学生理学賞を受賞しました。

クエン酸サイクルとは、生命がエネルギーを作り出すための体内燃焼システムのこと。

生きるために必要なエネルギーを作る唯一の仕組みなので、このサイクルが回らないと生物は生きることができません。

簡単に説明すると、食物から摂取した栄養のうちの三大栄養素である炭水化物、タンパク質、脂質が分解されて細胞の中に入り、ピルビン酸(焦性ブドウ酸)になって、それからアセチルCoAというものに変えられ「クエン酸サイクル」に入り、次々に酸に変化しながら、酸素によって二酸化炭素と水を発生しながら、エネルギーを作り出すということです。

難しいですか?

う~ん、ようするにご飯の栄養をできるかぎり余すことなくエネルギーに変えるために必要な働きだということです。

作り出したエネルギーはATPと呼ばれています。

クエン酸サイクルがうまく働いていれば、体力、活力の増強や殺菌、体内状態を弱アルカリ性に保つなどの効能が期待できます。

しかし、このクエン酸サイクルがスムーズに流れないと身体に不調が生じ、身体の中にピルビン酸(焦性ブドウ酸)や乳酸がどんどん溜まっていきます。

この乳酸が問題で、細胞内に発生した乳酸は血液中に溶出し、量を増すごとに血液を酸性にします。

血液が酸性化されると疲労の原因となってしまいます。

しかし、クエン酸を補給してやると、クエン酸サイクル活動が活発になってきます。

そうすると乳酸はピルビン酸に変わり、活性酢酸を経てクエン酸サイクルに入り完全に燃焼します。

乳酸が消えると、血液は酸性から弱アルカリ性に変わり、疲労は回復するのです。

ですから疲れやすい人は積極的にクエン酸の補給をしましょう。

クエン酸を多く含む食品としては、レモン、グレープフルーツ、いちご、キウイ、梅干し、お酢などです。

レモン汁や酢を炭酸などで割って飲んだり、梅干しを料理に取り入れる、また、薬局で売っているクエン酸を購入し、ドリンクを作るのひとつの手ではあります。

そしてクエン酸サイクルの内外で活躍するコエンザイムQ10、アルファリポ酸、L – カルニチンやビタミンB、セレン、クロムなどをしっかり補給しましょう。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝