お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

タンパク質は どんな栄養素なのか

タンパク質の特徴

タンパク質は、約20種類のアミノ酸から作られる高分子化合物です。

英語ではプロテインといいます。

炭素(C)、水素(H)、酸素(O)、窒素(N)、イオウ(S)などから構成され、糖質や脂質との違いは、必ず窒素を含んでいることです。

タンパク質の働き

タンパク質は体内で、常に分解と合成を繰り返し、生命を維持するための重要な働きをします。

1.筋肉や内臓から皮膚、爪、髪まで生体すべてを作っています。

2.代謝に欠かせない酵素を作ります。

3.消化管や脳神経系で機能を調節するペプチドホルモンを作ります。

4.体を感染などから守っている免疫グロブリンを作ります。

5.血液凝固に関わるトロンビンやフェブリノーゲンを作ります。

6.全てのタンパク質はDNAからRNAを経て合成され、遺伝子現象を発現します。

7.ヘモグロビンは酵素を運搬します。

8.リポタンパク質は、血中で脂質を運搬します。

9.血液やリンパ液などの浸透圧を調節しています。

10. 血液を弱アルカリ性に保ちます。

11. エネルギー源としても利用されます。

タンパク質の過剰と欠乏

摂り過ぎたタンパク質は、そのままでは体内に貯蔵されません。

肝臓で分解され、グリコーゲンや脂肪に変換されてエネルギー源になります。

健康な成人で、体重1kg当たり2g以上のタンパク質を摂り続けると、腎臓は余分な窒素化合物を絶えず尿中に排泄しなければならなくなり、機能低下を引き起こします。

高齢者では、食欲不振や嚥下(えんげ)障害から、タンパク質エネルギー低栄養障害に陥ることがあります。

低アルブミン血症を引き起こし、体力や免疫力が低下、感染症や合併症を誘発します。

クワシオルコル

特に、発展途上国の乳幼児にみられるタンパク質の欠乏症で、成長の遅延、無気力、無反応、全身のむくみ、貧血などの症状が起こります。

免疫力が低下して伝染病に対する抵抗力が失われ、罹患(りかん)して死亡することがあります。

タンパク質はアミノ酸が結合して出来ている

アミノ酸の構造
タンパク質は、アミノ酸が約100~1000も鎖状に結びついてでき、その分子量は約1万~10万にもなります。
アミノ酸分子の中にはアミノ基とカルボキシル基があり、タンパク質中では、1つのアミノ酸のカルボキシル基が隣のアミノ酸のアミノ基とペプチド結合によって結びついています。

アミノ酸の種類と、配列、数によって、タンパク質の種類が決まります。

※タンパク質の一次構造・・・タンパク質は多数のアミノ酸がペプチド結合により繋がった物質です。アミノ酸の結合順序を一次構造と呼び、アミノ酸が数個結合したものをペプチドと呼びます。
ペプチド結合

体内での働きによるタンパク質の分類

タンパク質は、筋肉や臓器、皮膚などを作る成分として、また酵素、ホルモン、免疫体などとして様々な生理機能に関わっています。

分類主な例
酵素トリプシン、リボヌクレアーゼ
輸送タンパク質ヘモグロビン、トランスフェリン、リポタンパク質
貯蔵タンパク質グリアジン、オボアルブミン、カゼイン
収縮性または運動性タンパク質アクチン、ミオシン
構造タンパク質ケラチン、フィブロイン、コラーゲン
防御タンパク質免疫グロブリン、フィブリノーゲン、トロンビン
調節タンパク質インスリン、成長ホルモン、コルチコトロピン
毒素タンパク質ボツリヌス毒素、ジフテリア毒素、ヘビ毒

タンパク質の摂取基準

【男性】

年齢推定平均
必要量
(g/日)
推奨量
(g/日)
目安量
(g/日)
0~5ヶ月--10
6~8ヶ月--15
9~11ヶ月--25
1~2歳1520-
3~5歳2025-
6~7歳2530-
8~9歳3040-
10~11歳4045-
12~14歳4560-
15~17歳5060-
18~29歳5060-
30~49歳5060-
50~69歳5060-
70歳以上5060-

【女性】

年齢推定平均
必要量
(g/日)
推奨量
(g/日)
目安量
(g/日)
0~5ヶ月--10
6~8ヶ月--15
9~11ヶ月--25
1~2歳1520-
3~5歳2025-
6~7歳2530-
8~9歳3040-
10~11歳3545-
12~14歳4555-
15~17歳4555-
18~29歳4050-
30~49歳4050-
50~69歳4050-
70歳以上4050-
妊婦初期+0+0-
妊婦中期+5+5-
妊婦末期+20+25-
授乳婦+15+20-

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝