お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

果たして焼酎は日本酒やビールより体に良いのか?

「二日酔いになりにくい」「太らない」と言われ、日本酒やビールに比べて“体に良い”というイメージの焼酎ですが、果たして日本酒やビールより体に良いのでしょうか?

まずは、カロリーの比較から。

アルコール度数12%の日本酒1合と、アルコール度数35%の焼酎0.75合を比較してみますと、日本酒が約200kcalあるのに対し、焼酎は約160kcalと、焼酎のほうが低カロリーです。

確かに、同じ量のアルコールを含む日本酒と焼酎を比較すると、蒸留酒である焼酎は太りにくいと言えるかもしれません。

ただし、その差は約40kcalに過ぎず、これはアーモンドなら6~7粒、枝豆なら50g(可食部)分に過ぎない量です。

また、焼酎は日本酒やビールに比べて糖質が少ないため、糖尿病になりにくいと言われます。

確かに、アルコールの血糖への影響を調べると、日本酒・ビールは飲んだ後に血糖値が上がりやすく、焼酎は血糖値が上がりにくいです。

ただ、アルコール自体に血糖値を下げるホルモン「インスリン」の作用を弱める働きがあるため、焼酎を飲んでいれば糖尿病にかからないというわけではありません。

むしろ心配なのは、ツマミの食べ過ぎによるカロリーオーバーや、中性脂肪の蓄積です。

中性脂肪は、肝臓でアルコールが分解されるときに生成される物質で、肝臓の処理能力が追い付かなくなると肝臓に蓄積し、脂肪肝の原因になります。

スポンサードリンク

私が愛用しているサプリメントです。


関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝