お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

少糖類

少糖類の種類

少糖類は、単糖か2から10分子結合したものをいいます。

結合する単糖の数により、二糖類、三糖類、四糖類・・・と分けられます。

栄養として重要な少糖類は、単糖か2個結合した二糖類のマルトース(麦芽糖)、スクロース(ショ糖)、ラクトース(乳糖)です。

これらの二糖類は消化され、単糖に分解されて体内に吸収されます。

単糖が3個以上結合した少糖類は、人の消化酵素では消化されないものが多く、難消化性オリゴ糖といいます。

二糖類

マルトース(麦芽糖)

グルコースが2分子結合した二糖類です。

デンプンやグリコーゲンは、消化酵素のアミラーゼに分解されて、マルトースやイソマルトースになります。

マルトースは、麦芽や蜂蜜に含まれます。

スクロース(ショ糖)

グルコースとフルクトースが結合した二糖類です。

さとうきびや砂糖大根に多く含まれており、日頃甘味料として使われる砂糖の主成分です。

ラクトース(乳糖)

グルコースとガラクトースが結合した二糖類です。

哺乳類の乳汁に含まれており、乳児のエネルギー源として重要です。

難消化性オリゴ糖

単糖や糖アルコールが数個結合した少糖類です。

  • 1.人の消化酵素では分解されないのでエネルギー源になりにくい。
  • 2.甘味があるので砂糖の代わりになる。
  • 3.ビフィズス菌や乳酸菌などの腸内有用細菌を増やして整腸作用をもたらす。
  • 4.虫歯の原因菌の栄養源にならないので虫歯を発生させにくい。

などの機能が注目されています。

砂糖の摂り過ぎは虫歯の原因に

虫歯菌であるストレプトコッカスミュータンスは、砂糖から不溶性グルカンを作り出して歯の表面に歯垢(しこう)を付着させます。

歯垢で繁殖した虫歯菌が酸を分解し、歯のエナメル質を溶かすことにより虫歯になるのです。

難消化性オリゴ糖や糖アルコールは虫歯菌のエサにならず、歯垢は形成されません。

そこでこれらの糖類は、虫歯の原因になりにくい特定保健用食品として認可されています。

糖質を分解する酵素と生成される物質

二糖類構成成分分解酵素反応産物
マルトースグルコース_グルコースマルターゼ2分子のグルコース
イソマルトースグルコース_グルコースイソマルターゼ2分子のグルコース
スクロースグルコース_フルクトーススクラーゼグルコースとフルクトース
ラクトースグルコース_ガラクトースラクターゼグルコースとガラクトース

糖の甘さはどれくらい?

(スクロースを100としたときの相対的な甘味度)

【単糖類】

糖の種類甘味度
グルコース50~75
フルクトース110~175
ガラクトース約32
転化糖約130

転化糖・・・スクロースを加水分解して得られるグルコースとフルクトースの等量混合物です。濃厚溶液でも結晶が析出しにくいので糖液としてキャンディーなどの製菓の材料に用いられます。

【少糖類】
スクロースは砂糖と呼ばれる、代表的な甘味料です。

糖の種類甘味度
スクロース100
マルトース32~46
ラクトース10~39
トレハロース約30
スクラロース約600
カップリングシュガー50~60
フラクトオリゴ糖30~60

【糖アルコール】
低カロリー甘味料として糖アルコールがあります。

糖の種類甘味度
キシリトール85~120
ソルビトール60~70
マンニトール45~57
マルチトール80~95

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝