お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

食生活の見直しと改善

体の調子をチェックしてみる

健康を維持するためには、自分の体調に留意することが大切です。

単なる疲れやストレスだと思っていた症状が病気の前兆だった・・・ということもあります。

また、食事の内容や運動、休養、睡眠、ストレスなど、健康に影響を及ぼす要因を見直しましょう。

さらに、年に一度は健康診断や人間ドックを受けることで、体の状態を把握することができます。

また、病気を早期に発見したり、生活習慣病を予防したりできます。

生活習慣病を甘くみない

生活習慣病とは、偏った食習慣や運動不足、飲酒、喫煙などの悪い生活習慣が長く続くことによって起こりやすい病気で、生活習慣が発症に関わっていると考えられる病気の総称です。

代表的なものには、高血圧症や糖尿病、脂質異常症などがあります。

生活習慣病の最大の特徴は、自覚症状がないケースが多いことです。

検査結果、数値が悪くても、実際に痛いところや調子が悪いと感じるところがなければ、そのまま放置してしまう人が多いようです。

しかし、それが何年か経過すると、命までも脅かす疾患につながる場合もあるのです。

食生活を見直そう

食生活は健康状態を大きく左右します。

食事が偏りエネルギーが過剰な状況に陥ると肥満になり、ひいては生活習慣病を引き起こします。

また、ビタミンやミネラルが不足すると、体内の様々な代謝機能がうまく働かなくなることがあります。

疲れが取れにくくなり、体内の恒常性が狂ってしまうこともあります。

体の細胞は、自分が食べた物からできています。

何を食べるかきちんと選んで、健康を維持していきましょう。

野菜を多く摂る食生活を

食物繊維や抗酸化ビタミンなどの成分を十分に摂取するためには、野菜は1日に350g以上食べることが望ましいです。

生野菜は嵩(かさ)があってたくさん食べるのは大変なので、煮物や鍋物にして煮込めばたくさん食べられます。

全体の3分の1は緑黄色野菜を摂ると良いでしょう。

味噌汁やスープだけでなく、ジュースやデザートにしてもいいでしょう。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝