お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

生活習慣病を防ぐ食物繊維の働き

食品中には、人の消化酵素で消化され、体内に吸収されて利用される成分のほかに、消化されない成分があります。

食物繊維とは、このような食品中に難消化性成分の総称です。

糖質と食物繊維を合わせて、炭水化物といいます。

食物繊維は、消化されずに大腸に運ばれますが、そこでいくつかの重要な生理機能を果たしていることが、最近わかってきました。

食物繊維は、水に溶けない不溶性食物繊維と水に溶ける水溶性食物繊維に大きく分けられます。

この2つは、溶解性、保水性、粘性、吸着性の違いなどにより、体内での生理作用
は大きく異なっています。

腸内環境を整える

水溶性食物繊維は腸内細菌により発酵を受け、短鎖脂肪酸を生成します。

その結果、腸内を酸性にして乳酸菌やビフィズス菌を増やし、腸内環境を整えます。

不溶性食物繊維は排便の量や回数を増やすため、発癌性の物質が大腸粘膜と接触する時間を短くします。

食物繊維が大腸がん予防に有効であることのメカニズムも、腸内細菌の働きと関連しています。

消化されない食物繊維は、発癌性の物質やアレルギー性の物質を吸着し体外に排出します。

便秘を予防・改善する

不溶性食物繊維は水を吸収し膨潤することで便を柔らかくし、量を増やします。

その結果、排便が促され、便の消化管通過時間が短くなります。

血糖値の急な上昇を抑える

水溶性食物繊維の粘性により胃から十二指腸への食物の移動は遅くなり、でんぷんの消化吸収速度を遅らせます。

その結果、食後の急激な血糖値の上昇が抑えられ、インスリンの分泌も抑制されます。

コレステロールの吸収を抑制

水溶性食物繊維は小腸内でコレステロールや胆汁酸を吸着し、便の中への排泄を促進します。

過食による肥満を防止

食物繊維は消化管内で膨潤し食物塊のかさを増し、胃内滞留時間を延長させます。

その結果、満腹感が得られ、エネルギーの過剰摂取を予防できます。

虫歯の予防

食物繊維の多い食物は長く噛む必要があり、唾液の分泌が多くなります。

唾液の分泌が多いと口腔内の食物が希釈され歯垢の形成が減るため、虫歯の予防に繋がります。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝