お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

栄養素を上手に摂り入れる食べ方

1日3食は健康な体を作るための大原則

1日3食の生活習慣は、実は鎌倉時代から続いています。

1日3回食事が必要な理由は、1つは※生体リズムを守るためであり、もう1つは1~2食では1日に必要な栄養素が十分に摂取できないからです。

人間の体内には体内時計が備わっており、睡眠や食事などによって生体リズムをコントロールしています。

例えば、深夜に食事をすると、消化器官に負担がかかり眠りが浅くなり、なによりこの生体リズムを崩す原因となります。

つまり、1日3食を決まった時間に規則正しく食べるということは、生体リズムを整えるという重要な意味があるのです。

※生体リズム・・・決められた時刻に規則正しく食事を摂取すると、食事時刻になると消化酵素の活性が高まる日内リズムが形成されます。そのためにも摂食時間の乱れは警戒すべきです。

心と体が喜ぶ食事

食事は生きていく上で欠かせないものです。

日々の食事を楽しむことが、生きる喜びにも繋がります。

皆さん、どこで、誰と、どんなものを食べているときに、食事が「おいしい」と感じますか。

「おいしい」と感じることにより、唾液や胃酸などの消化液の分泌がよくなります。

また、おいしさとは、視覚、嗅覚、聴覚、触覚(食感)など体全体で感じとるものです。

旬の食材を取り入れることで、豊富な栄養素を摂り入れ、心も満たすことができるでしょう。

具体的に食事のときに気をつけたいのは、1回の食事の中でのバランスを考えることです。

バランスの良い食事が何より重要です。

また、必要な栄養素は年齢やライフステージによって変わるので、年齢や家族の状況などに合わせた食事の摂り方を考えましょう。

朝ご飯は必ず食べよう

近年、朝ご飯を食べない人が増えているといわれています。

朝ご飯は、1日の活動の源です。

朝ご飯を食べることで、活力が出たり、集中力がアップしたり、子供の場合は成績が上がったりとの報告がなされています。

できるだけ朝9時までに朝ご飯を食べるようにしましょう。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝