お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

ドリンク剤、錠剤、粉末・・・サプリメントの効果の違いは?

様々な形状で売られているサプリメント。

コラーゲンはドリンク剤で、ビタミンCは錠剤、アミノ酸は粉末・・・など、なんとなく選んでいる人が多いようです。

しかし、これほど様々な形状があるということは、形状によって効き目に違いがあるのでしょうか?

結論から言うと、サプリメントの効果があるかどうかは、含まれている成分量の違いによるもので、量が同じなら、どの形状でも効き目は変わりません。

同じサプリメントでも、錠剤、粉末、ゼリー状、ドリンクといったように形を変えて販売されているのは、いってみれば売る為の工夫。

錠剤が苦手な人はドリンクで摂ってもらえるよう、形を変えているわけです。

ただし、成分が体内に吸収されるスピードには違いがあります。

もっとも即効性があるのはドリンク剤で、粉末、チュアブル錠(水なしで飲める錠剤)、カプセル、錠剤の順に吸収スピードが遅くなります。

毎日習慣にしているサプリメントは、どの形状でも構いませんが、たとえば、「今日は残業があるし、速効性のあるサプリメントが摂りたい」というときは、疲労回復作用のあるビタミンB₁ 入りのドリンク剤などを飲むといいでしょう。

スポンサードリンク

私が愛用しているサプリメントです。


関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝