お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

サプリメントの通販市場規模は4,074億円。取扱商品のトップはグルコサミン

日本通信販売協会は5月8 日までに、「第3回サプリメント登録調査」の結果をまとめました。

登録企業の売上高を基に推計したサプリメントの通販市場規模は4,074億円となりました。
 
取扱商品のトップはグルコサミンです。

また、健康食品業界団体に所属するのは調査対象企業の3 社に1 社の割合にとどまることがわかりました。

調査は今回で3 回目になります。

サプリメントを扱う企業の登録制を打ち出している通販協が、今年2 月から3 月にかけて、201社からの回答をまとめました。

このうちサプリ取扱企業は146社。

その結果、サプリ売上高総計は推計4,793億円で、このうち85%にあたる4,074億円が通販によるものです。

企業の売上規模をみますと、10億円未満が約6割を占めます。

最も取り扱いが多い成分は「グルコサミン」で59%の企業が販売しています。

以下、「コラーゲン」が57%、「ビタミンB群」が55%、「ビタミンC」が52%、「青汁」が51%などと続きます。

2012年度と比較して、取り扱いが伸びている成分として「ビタミンB群」「食物繊維」「ブルーベリー」「E P A 」などを挙げています。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝