お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

日本とアメリカのサプリメント事情の違い

日本人の多くは健康保険に加入しているため、病院に行けば少ない負担で医療を受けることが当然のようになっています。

一方、健康保険制度のないアメリカでは病気になった場合、高額な医療費を負担しなければなりませんので、その負担をしないためにも国民の病気予防への関心が非常に高いです。

それと同時にサプリメントの需要も多く、約60%の人が何らかのサプリメントを摂取しているといわれています。

病気になったら薬で治す日本。病気になる前にサプリメントで予防をするアメリカ。ここに大きな違いがあります。

ビタミンCが1日あたり100mg程度の日本製マルチビタミンは、病気予防や美肌作りなど、何か効果を出すためには、少なくとも500mgは必要だと思っているアメリカ人には物足りなさを感じるようです。

アメリカで売られているサプリメントは、一般的に予防効果も高く、中身が充実しているものが多く、また、品質面でも安心な製品がたくさんあります。

しかし、体質も体格も食習慣も違う日本人が摂るのはどうかといえば、あの大きなカプセルからして合っているとは思いません。

スポンサードリンク

とくに「ヨウ素(ヨード)」には注意が必要です。

海藻に多く含まれ、摂りすぎても不足しても甲状腺機能に異常を招く恐れがあって危険です。

日本人は海苔や昆布、ワカメなどを日常的に食べる国民なので、不足する人はほとんどいないのが現状ですが、アメリカ人は欠乏しやすいといわれ、アメリカ製マルチビタミンなどのサプリメントに配合されていることの多い栄養素なのです。

英語表記は「iodine」ですので過剰摂取を招かないように容器の記載を確認ください。

必要な栄養素が、美容と健康に働きかけることができるレベルの豊富な分量で配合されているサプリメントを日本国内の店頭で探すのは難しいのが現実です。

これまで日本には成分量が多いビタミン剤は、医師が処方する目的で販売されているドクターズサプリを除けば皆無でした。

そしてそのドクターズサプリは何と1月分1万5千円以上。

これでは普通の方が気軽に毎日飲める値段では到底ありません。

医師、薬剤師や漢方医の方々を「これだけ豊富な成分量でこの値段はありえない」と、絶句させるサプリメントを購入なさりたい方は「体のメンテナンス、ケアは人生の計画に大きく関わっているをご覧ください。

特別価格で購入できるクーポンコードをご利用いただけます。

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝