お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

代表的なスーパーフードのご紹介

スーパーフードは1980年代頃のアメリカやカナダで、食事療法を研究する医師や専門家の間で、有効成分を突出して多く含む食品に対して「スーパーフード」という言葉が使われ始めました。

スーパーフードが一般に広まったのは、アメリカの医師スティーブン・プラットの著書「スーパーフード処方箋~あなたの人生を変える14の食品」(2004年)によるところが大きいでしょう。

もう一冊、アメリカでスーパーフードのバイブルといえるのが、ロー・リビングフードのカリスマ、デイヴィッド・ウォルフの「スーパーフード」(2009年)です。

ロー・リビングフードとは、酵素を壊さないように、一定の温度以上に火を通さない特殊な調理法をすることです。

ヘルシーフードと美容に高い意識を持つアメリカのセレブの間で、デトックスや美肌、ダイエットにもよくトレンディで洗練された食べ方として知られています。

一般社団法人日本スーパーフード協会によるスーパーフードの定義とは、次のとおりです。

★栄養バランスに優れ、一般的な食品より栄養価が高い食品であること。あるいは、ある一部の栄養・健康成分が突出して多く含まれる食品であること。

★一般的な食品とサプリメントの中間にくるような存在で、料理の食材としての用途と健康食品としての用途で併せ持つ。

では、代表的なスーパーフードを見てみましょう。

【スピルリナ】

スピルリナ

地球最古の植物で水中で育つ藻の一種。

植物性でありながらタンパク質が豊富。

アミノ酸、ビタミン、ミネラルに加え、食物繊維、不飽和脂肪酸など50種類以上の健康・栄養成分が含まれています。

【アサイー】

アサイー

高い抗酸化力を持つブラジル生まれのスーパーフード。

抗酸化作用のあるアントシアニンが豊富。

鉄分、食物繊維、カルシウム、ビタミンE も多い。

最近、カフェでアサイーボウルとかアサイーベリー入りのスムージーをよく見かけませんか?

【カカオ】

カカオ

ビタミンE とカカオポリフェノールで若々しさをキープ。

ニブ(実)タイプが近年注目の的に。

苦味成分のテオブロミンには、集中力を高める効果や、リラックス効果があります。

また、フェニルエチルアミンが高揚感をもたらします。

【ゴジベリー】

ゴジベリー(クコの実)

和漢植物としても知られる「クコの実」のこと。

中華料理によく使われています。

ビタミン、ミネラル、タンパク質の他、美肌にも良いビタミンAが豊富。

中医学では、クコの実には血圧や血糖の低下・抗脂肪肝・精神の強壮作用・血行改善・眼精疲労の回復・免疫機能調整などがあるとされています。

【チアシード】

チアシード

チアシードはタンパク質、ミネラル(カルシウム、カリウム、鉄、亜鉛など)、ビタミンB、食物繊維、α – リノレン酸などを豊富に含んでいます。

チアシードのオメガ3脂肪酸(α – リノレン酸)含有量はフラックスシードやエゴマよりも多いといわれています。

水分を含むと10倍ぐらいに膨らみジェル状になります。

そのため、お腹の中で膨張してくれてダイエット効果が期待できます。

【ココナッツオイル】

ココナッツオイル

ビタミンEの成分の1つでもあるトコトリエノールという物質が豊富に含まれています。

米国のテキサス大学の研究者らが、世界規模での乳癌と食材の疫学調査で、東南アジアの民族に乳癌発症率が低い理由は、強力な抗酸化作用を持つトコトリエノールという物質が豊富に含まれているココナッツオイルの消費量が多いことを報告されています。

母乳にも含まれるラウリン酸がたくさん含まれており、免疫力を高めてくれます。

実は、日本の食卓にもスーパーフードがたくさん並んでいるのはご存じでしょうか?

それは、「納豆」「味噌」「甘酒」「緑茶」「梅干し」など。

流行りの海外発最新スーパーフードは、味や食感などが家族の口に合わない事も多く、継続するのが難しい事がありますが、日本の伝統食品であれば、どこのお店にも手に入りやすいですよね。

日本が世界に誇る伝統スーパーフードで若々しく元気に過ごしましょうね。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝