お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

硫黄(イオウ)について

タンパク質から摂取される

硫黄(イオウ)は体を構成するのに不可欠な必須ミネラルで、大部分は食品からタンパク質として摂取されます。硫黄は体内で単独で存在することはなく、メチオニンやシステインなど含硫アミノ酸の成分として吸収されます。

含硫アミノ酸は爪、髪の毛、皮膚、軟骨の材料になり、不足すると爪がもろくなる、髪が抜ける、皮膚炎、シミができる、関節が弱る、などの症状を引き起こすことがあります。

ビタミンB₁やパントテン酸と結合して補酵素となり、糖質や脂質の代謝もサポートしています。

また、硫黄には解毒作用があり、有害ミネラルの蓄積を防ぐので、ニキビや水虫などにも効果が期待されています。過剰摂取になることは ほぼありませんが、サプリメントの多量摂取によっては動脈硬化、嘔吐、めまい、白血病の増加などが起こることもありますので気を付けましょう。

硫黄が多く含まれる食品は鶏卵や肉類、魚介類などの動物性タンパク質。牛乳、小麦などにも。タンパク質を普通に摂っていれば必要量を摂ることができるため「日本人の食事摂取基準」に硫黄の項目はありません。肉類を食べるときいは、ホウレン草、ブロッコリー、玉ネギなどの野菜類を組み合わせると効率よく摂れますよ。

大人ニキビには逆効果!?

硫黄には皮脂を抑制する効果があるため、思春期ニキビには効果がありますが、大人ニキビには逆効果になるかもしれません。

肌が乾燥して、かえって盛んに皮脂を分泌し、毛穴づまりの原因となるのです。

スポンサードリンク


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝