お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

イオウの主な働き

  • 爪、毛などのタンパク質を構成する
  • ビタミンやホルモンの構成成分

爪、毛、皮膚、筋肉に広く存在

イオウの大部分は、食品からタンパク質として摂取されます。

タンパク質は消化を受けてアミノ酸に分解されますが、イオウはメチオニンやシステインなどの含硫アミノ酸として体内に吸収されます。

イオウの約半分は筋肉中に存在します。

また、含硫アミノ酸は毛、爪の構造タンパク質であるケラチンの中に多く含まれています。

体内で重要な生理作用を担う

イオウはビタミンB₁、ビオチン、コエンザイムA(CoA)、パントテン酸などのビタミンやインスリン、タウリン、グルタチオンにも含まれ、生体内で重要な生理作用を担っています。

ムコ多糖類であるコンドロイチン硫酸、動脈血管壁のマスト細胞などに存在し、血液が固まるのを防ぐヘパリンにも、イオウが含まれています。

イオウを多く含む食品

イオウは、鶏卵や肉類、魚介類などの動物性タンパク質に多く含まれます。

イオウの摂取基準

イオウは、含硫アミノ酸として食品中に含まれており、タンパク質を摂れば摂取できます。

そのためイオウは含硫アミノ酸摂取量として評価されており、「食事摂取基準」ではイオウとしては設けられていません。

イオウの欠乏症と過剰症

イオウは含硫アミノ酸としてタンパク質に含まれるので、タンパク質が適切に摂取されていれば過不足は起こりません。

含硫アミノ酸の摂取が不足すると爪や毛、皮膚を作る構成要素が不足して、爪が脆(もろ)くなる、髪がパサつく、皮膚炎などが起きやすくなります。

イオウの上手な摂り方

一般的な食生活では1日に50~60gのタンパク質を摂りますが、そのうち約2gは含硫アミノ酸として摂ります。

肉・魚類、卵などの動物性タンパク質を普通に摂っていれば、必要量を摂ることができます。

特に、含硫アミノ酸は、レバー、牛乳、小麦などに多く含まれます。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝