お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

ビタミンやミネラルは推奨量を摂っていればいいのか?

「1日のうちに、必要な栄養素やカロリーは これくらい摂ったほうがいい」と定めているのは厚生労働省です。

ビタミンやミネラルにも「1日あたりの推奨量」が定けられていますが、実のところ推奨量を摂っているだけでは、速効性は期待できません。

推奨量とは、大ざっぱに言えば「体を維持するのに必要な量」のことです。

つまり、推奨量のビタミン・ミネラルを毎日摂っていても、目に見えて肌にキレイになるとか、体の調子が劇的に良くなる、という量ではないのです。

一方、推奨量の2~3倍のビタミンを摂ると、目に見える形で効果を得られることがあります。

たとえば、シミ・ソバカスが気になるならビタミンC、疲れ目にはビタミンB₁ やビタミンB₁₂ を集中的に摂ったケースでは、症状が改善することがあります。

無論、いくら体の為とは言え、全ての栄養を食事から摂るのは無理です。

そんなときこそ、サプリメントの出番ですが、効果を急ぎすぎるあまり、サプリメントをたくさん飲むと、場合によっては中毒症状などの原因になってしまいます。

結局のところ、バランスの良い食事を毎日こつこつ摂って、不足した栄養をサプリメントで補うのが、健康への一番の近道と言えそうです。

スポンサードリンク

私が愛用しているサプリメントです。


関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝