お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

なぜ睡眠が大事?睡眠が不足するとどうなる?不眠症の症状とは?

夜眠れない、夜中に目が覚めると再び眠ることが出来ない、そのような症状が一定期間続く状態を不眠症といい、さらに、その状態が1ヶ月以上ほぼ毎日にわたって続く場合を慢性不眠症と言います。

現在、日本の成人の5人に1人は、何らかの睡眠障害を抱えていると言われています。

不眠症になると睡眠が不十分になりますので、「疲れが取れない」「気分が悪い」「集中できない」といった症状があらわれ、仕事や生活に支障をきたすことも珍しくありません。

また、不眠症は他の病気を引き起こしたり、その症状を悪化させたりすることもあります。

軽度の不眠症の人の多くは、自分が不眠症であるという自覚が無いと言われており、何も対策をしないまま病状を悪化させるケースもあります。

24時間社会と言われる現在、不眠症は誰でもなる可能性がありますので軽く考えるのは禁物です。

十分な睡眠は脳や体の機能回復と免疫機能の向上を促す

人は睡眠を取ることによって、ストレスや負荷から身体や脳を解放し、疲労物質の発生を抑えると共に代謝を促進してエネルギー補給を進めます。

また、睡眠時にはホルモンの分泌が高まり、筋肉の修復や疲労した機能の回復を促進します。

睡眠によるリラックスは、自律神経を副交感神経優位の状態に導くことで過剰な活性酸素の発生を抑え、細胞への攻撃を防ぐと同時にリンパ球が増えることで免疫力も高めます。

よって、十分な睡眠は、脳や体にとって十分な休養とエネルギー補給となり、機能の回復と免疫機能の向上を促すのです。

では、どのくらいの睡眠を取れば良いのかということについては、人によって睡眠時間が短くても回復する人、10時間以上の睡眠が必要な人など個人的な要素が多く関係します。

よって一概に何時間以上の睡眠が必要とは言い切れませんが、一般的な成人では8時間程度、青年期では10時間程度と言われています。

睡眠が不足するとどうなるのか?

睡眠が不足すると脳や体が休まらないため疲労回復やエネルギー補給が図れません。

また、眠気を催すため集中力や判断力、記憶力が低下するとともに居眠りをしやすくなります。

その結果、仕事上のミスや事故に繋がるという事も発生しやすくなります。

睡眠が足りないと疲労回復が上手く図れないため慢性疲労症候群になったり、不安やイライラが続き、鬱(うつ)病に繋がったりもします。

体の免疫機能が低下することで病原体などが容易に体内に侵入できるようになり、様々な病気を発症したり、病気を悪化させたりもします。

また、ホルモンバランスが悪くなることから血糖値や血圧の上昇に繋がり、この症状が慢性的に続くと糖尿病や高血圧となることもあります。

さらに、食欲を抑制するホルモン(レプチン)の分泌が減り、食欲を増進するホルモン(グレリン)の分泌が盛んになるため、太りやすくなることも知られています。

スポンサードリンク

不眠にはどういう症状があるのか?

不眠には以下の4つの症状があります。

必ずしもそれぞれが単独で現れるわけではなく、むしろ、ふたつ以上が重複して現れる場合が多くあります。

その傾向は高齢者になるほど顕著になります。

入眠障害

ベッドや布団に横になってもなかなか寝付けず、入眠するのに30分から1時間以上かかります。

不眠症の中でも最も多いタイプです。

中途覚醒

夜中に何度も目が覚めて、その後、なかなか寝付けません。

年齢を重ねると眠りが浅くなり目が覚めやすくなるため、高齢者に多く見られます。

早朝覚醒

朝早く目覚めてしまい、再度入眠できません。

高齢者が意図せず早く目覚めてしまう症状は、これに当てはまります。

鬱病などにもよく見られます。

熟眠障害

睡眠時間は十分なのですが、眠りが浅いために熟睡感がありません。

睡眠時無呼吸症候群(睡眠中に呼吸障害が起こります。本人に自覚症状が無い場合が多いようです。)や周期性四肢運動障害(睡眠中に足がピクピクとした動きを繰り返します。本人に自覚症状が無い場合が多いようです。)などが関係していることも。

本人に自覚がない場合もあるため注意が必要です。

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝