お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

脂質の種類

単純脂質

単純脂質の中でも重要なのは、トリアシルグリセロールです。

トリアシルグリセロールは単に脂肪とも呼ばれ、アルコールの一種であるグリセロール(グリセリン)に脂肪酸が付いた構造をしています。

グリセロールに脂肪酸が1個結合したモノアシルグリセロール、2個結合したジアシルグリセロール、3個結合したトリアシルグリセロール(トリグリセリドとも言う)があります。

トリアシルグリセロールは、自然界に最も多く存在する脂質で、植物の種子や畜肉などの油脂成分です。

脂肪組織に貯蔵され、重要なエネルギー源となります。

貯蔵脂肪には、外からの衝撃に対してクッションのように体を守り、体温を一定に保つ役割もあります。

モノアシルグリセロールとジアシルグリセロールは、自然界には あまり存在していない脂質です。

複合脂質

脂肪酸とグリセロールの他に、リン酸を含むリン脂質と、糖を含む糖脂質などがあります。

リン脂質

グリセロールに脂肪酸とリン酸が結合したものです。

これに、コリンが結合したリン脂質がレシチン(ホスファチジルコリン)で、動脈硬化を防ぎ、脳で集中力を高める働きをしています。

リン脂質は、水と脂質の両方に良くなじむ性質があり、細胞膜や細胞内小器官の膜、※リポタンパク質の重要な成分となっています。

体内では、様々な種類のリン脂質が脳や神経系、血液などに広く分布しています。

食品では卵黄や大豆に多く含まれ、乳化剤として広く利用されています。

※リポタンパク質・・・脂質とタンパク質の複合体です。生体膜もリポタンパク質ですが通常は血漿リポタンパク質を指します。この重要な役割は水に溶けない脂質を輸送することです。

糖脂質

グリセロールに脂肪酸と糖が結びついた複合脂質で、ガラクトースという糖が多く結合しています。

糖脂質にはセラミド、セレブロシド、ガングリオシドなどがあり、脳や神経系に存在して細胞の分化・生長を助けます。

誘導脂質

誘導脂質は、単純脂質や複合脂質から加水分解によって得られる脂質を言います。

脂肪酸、コレステロールなどのステロイド類、脂溶性ビタミン類、脂肪族アルコール、脂肪族炭水化物などがあります。

トリアシルグリセロールの構造

トリアシルグリセロール

トリアシルグリセロールは、グリセロールに脂肪酸が結合した高分子化合物です。

グリセロールは3個の水酸基(-OH)を持つので、脂肪酸が1分子から3分子まで結合することができ、それぞれモノアシルグリセロール、ジアシルグリセロール、トリアシルグリセロールと言います。

中性脂肪(脂肪または油脂)というのは、トリアシルグリセロールを指します。

リン脂質と細胞膜の構造

細胞膜の構造

リン脂質

リン脂質は、グリセロールに長鎖脂肪酸とリン酸、コリンやエタノールアミン、などの含窒素化合物が結合したものです。

コリンが結合したものがレシチン(ホスファチジルコリン)です。

リン脂質は、親水性のグリセロール、リン酸、含窒素化合物部分と疎水性の脂肪酸部分からなり、水と脂質に対して親和性があります。

細胞膜

リン脂質、糖脂質、コレステロールは細胞膜(生体膜)を作っています。

細胞膜はリン脂質の二重層にタンパク質が埋め込まれた構造をしています。

細胞膜の構造

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝