お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

脂質とはどんな栄養素なのか

エネルギー源となる

脂質とは、水に溶けず、エーテルやクロロホルムなどの有機溶媒に溶ける物質の総称です。

食用の脂質(油脂)には ごま油、大豆油、コーン油、オリーブ油のように常温で液体のものと、ラードやバターのように固体のものがあります。

また、魚や肉などの動物性食品、穀類、豆類、乳製品、卵などにも脂質は含まれています。

脂質は、化学構造によって、単純脂質、複合脂質、誘導脂質に分けられます。

食事として最も多く摂っているのは単純脂質のトリアシルグリセロールで、エネルギー源として重要です。

脂質の働き

エネルギー源としての働き

脂質は体内で酸化を受け、1g当たり9キロカロリーのエネルギーを生じます。

糖質やタンパク質の4キロカロリーに比べて脂質のエネルギー量は高く、同じ量のエネルギーを得るのに、摂取する食物の量は少なくて済むので、胃への負担を軽くすることができます。

また、脂肪(トリアシルグリセロール)は貯蔵効率の高いエネルギー源でもあり、使われなかった分は皮下や腹腔内に蓄えられます。

生体膜の構成成分となる

リン脂質、糖脂質、コレステロールは生体膜の成分となり、細胞の働きを維持する役割をしています。

生体膜・・・細胞膜(形質膜)および ミトコンドリア、小胞体、リソソームなどの細胞内顆粒(細胞小器官)の膜、核を形成する膜をあわせて生体膜と言います。主成分はリン脂質とタンパク質です。

脂溶性ビタミンの補給を助ける

油脂は、体内で作ることのできないリノール酸や α – リノレン酸など必須脂肪酸を摂る為に重要です。

また、ビタミンA、D、E、Kの脂溶性ビタミンは、油脂に溶け込んでいることが多いので、油脂はこれら脂溶性ビタミンの供給源としても役立っています。

脂肪の過剰な摂取

脂肪は食事のおいしさを高めます。

その上、糖質やタンパク質の摂取には水分が必要ですが、脂肪は水分がなくても摂取できます。

そのため脂肪量が高いと食事のかさが減り、必要以上に食べてしまいます。

脂肪の摂り過ぎは、肥満を引き起こします。

脂肪エネルギー比率が増えるほど脂質異常症、動脈硬化、糖尿病など生活習慣病になりやすく、乳がんや大腸がんによる死亡率が増加することが報告されています。

望ましい脂肪エネルギー比率

脂肪エネルギー比率が30%を超える欧米では、心疾患の死亡率が高いということが分かっています。

生活習慣病の1次予防(病気にならない為の予防)のために、食事から摂る全てのエネルギーの中で脂肪エネルギーの占める比率は、各年齢の目標量の上限値を超えないことが大切です。

年齢目安量目標量(範囲)
0~5ヶ月50%
6~11ヶ月40%
1~29歳20%以上30%未満
30~69歳20%以上25%未満
70歳以上20%以上25%未満

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝