お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

中性脂肪、リン脂質、コレステロールなどの働き、理解してますか?

「脂質」は、体を動かすエネルギー源として最も効率の良い栄養素です。

糖質のエネルギーが 1gあたり4kcal なのに対し、脂質は9kcal と高エネルギーなのです。

食べる量が少なくて済むため胃への負担が少ないうえ、消化吸収に時間がかかりますので腹持ちが良いというメリットもあります。

また、脂溶性ビタミンの吸収をサポートして、細胞膜や神経組織の材料になるなど、体をつくるためにも働いています。

脂質には、中性脂肪、リン脂質、コレステロールの3つの種類があり、そのうちエネルギー源として使われるのが中性脂肪です。

一般に「脂肪」と呼ばれているのは中性脂肪のことです。

リン脂質やコレステロールは、全身の細胞膜をつくる原料として使われたり、胆汁酸、性ホルモン、副腎皮質ホルモンなどの原料として使われています。

というように、脂質はエネルギー源としての働きのほか、内臓を守るクッション役として働くなど、体にとって欠かすことのできない栄養素です。

不足すると血管や細胞膜が脆(もろ)くなり、脳出血のリスクを高める原因にもなります。

とはいえ、現在の日本人の食生活では、脂質の摂り過ぎのほうが心配です。

脂質は、バター、サラダ油、肉の脂身など“目に見える油”だけでなく、魚介類、穀類、種子類、野菜、果物など、様々な食物に含まれています。

日本人は、“見える油”の倍以上を“見えない油”から摂っているとも言われますが、脂質の摂り過ぎによる肥満は、生活習慣病のリスクを高めます。

摂り過ぎには注意しましょう。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝