お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

脂肪酸の種類

脂肪酸の基本構造

脂肪酸は、多くの脂質に含まれる成分で、単純脂質や複合脂質が分解してできる誘導脂質の1つです。

鎖状に繋がった炭素の数と、結合の状態によって分類され、その構造によって栄養素としての働きが違ってきます。

脂肪酸は、炭素同士の二重結合を持たない飽和脂肪酸と、炭素同士が二重に繋がった二重結合を持つ不飽和脂肪酸に分類されます。

飽和脂肪酸の種類と作用

飽和脂肪酸は、牛の脂肪であるヘッドや豚の脂肪のラード、乳脂肪のバターなど動物性の脂質に多く含まれており、常温で固形の脂(あぶら)です。

飽和脂肪酸を摂り過ぎると、血中の中性脂肪やコレステロール濃度が上がり、脂質異常症や動脈硬化を引き起こします。

飽和脂肪酸は炭素鎖の長さにより、短鎖脂肪酸、中鎖脂肪酸、長鎖脂肪酸に分けられます。

不飽和脂肪酸の種類と作用

一価不飽和脂肪酸

二重結合を1つ持つ一価不飽和脂肪酸のオレイン酸はオリーブ油に多く含まれており、コレステロールを下げる作用があります。

オリーブ油を常食とする地中海沿岸の国々では、心筋梗塞や狭心症のような虚血性心疾患による死亡率が少ないといわれます。

多価不飽和脂肪酸

二重結合を2つ以上持つ多価不飽和脂肪酸は、二重結合の位置により更に分類されます。

炭素鎖のメチル基側の炭素から数えて最初の二重結合が3番目の炭素から始まる脂肪酸をn-3系列の脂肪酸、6番目の炭素から始まる脂肪酸をn-6系列の脂肪酸といいます。

ごま油やサフラワー油などに多く含まれるn-6系列の脂肪酸には、血中総コレステロール値を低下させ、動脈硬化を予防する作用があります。

しかし、多量に摂るとHDLコレステロール値も下げてしまうことがあります。

積極的に摂らなくても良いとされています。

n-3系列の脂肪酸は、しそ油や なたね油に多く含まれ、血中総コレステロール濃度を低下させる作用があります。

さらに、※魚油に多く含まれるIPAやDHAには中性脂肪を低下させ、脂質異常症を予防し、動脈硬化や虚血性心疾患の発症を抑える働きがあります。

※魚油・・・魚油はIPAやDHAなど長鎖のn-3系の脂肪酸を多く含みます。IPAやDHAには、血栓予防効果、血漿脂質低下作用、アレルギー炎症反応抑制、大腸がんや乳がん予防効果があります。

脂肪酸の基本的な構造

脂肪酸の構造

脂肪酸は炭素(C)、水素(H)、酸素(O)の3種類の元素から出来ており、水素が結合した炭素鎖(アルキル基)の片側にカルボキシル基(COOH)が結合している物質です。

不飽和脂肪酸の系列はアルキル基のメチル基の炭素から数えて最初の二重結合が何番目にあるかで系列が決まります。

オレイン酸は9番目にあるのでn-9系列、リノール酸は6番目にあるのでn-6系列、α-リノレン酸は3番目にあるのでn-3系列となります。

飽和脂肪酸の種類

短鎖脂肪酸

脂肪酸名炭素数融点(℃)含有食品
酪酸4ー5乳製品、バター
カプロン酸6ー3乳製品、バター

中鎖脂肪酸

脂肪酸名炭素数融点(℃)含有食品
カプリル酸817乳製品、バター
カプリン酸1032乳製品、バター
ラウリン酸1244パーム油

長鎖脂肪酸

脂肪酸名炭素数融点(℃)含有食品
ミリスチン酸1454動植物油脂
パルミチン油1663動植物油脂
ステアリン油1870動植物油脂
アラキジン油2076落花生油、綿実油

飽和脂肪酸は炭素数が多くなるにつれて、融点(固体が液体になる温度)が高くなります。

炭素数が10個以上の脂肪酸は、常温で固体です。

不飽和脂肪酸の種類

不飽和脂肪酸は、二重結合の数が多くなるにつれて融点が下がります。

常温では、多価不飽和脂肪酸は全て液体です。

一価不飽和脂肪酸

脂肪酸名炭素数二重結合数融点(℃)含有食品
オレイン酸18113動植物油脂

多価不飽和脂肪酸(n-6系列)

脂肪酸名炭素数二重結合数融点(℃)含有食品
リノール酸182ー5動植物油脂
アラキドン酸204ー49卵、肉、魚

多価不飽和脂肪酸(n-3系列)

脂肪酸名炭素数二重結合数融点(℃)含有食品
α-リノレン酸183ー11植物油脂
IPA205ー54
DHA226ー78

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝