お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

「不飽和脂肪酸」と「飽和脂肪酸」の働きはどう違う?

私たちが普通「脂肪」と一括(ひとくく)りに呼んでいる“アブラ”にも、種類があることをご存じでしょうか。

その種類は、アブラに含まれる「脂肪酸」の違いによって分類されています。

たとえば肉、魚、乳製品などに含まれる脂肪分やサラダ油の成分であるリノール酸、オレイン酸、さらに魚介類の脂肪に含まれているDHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)も脂肪酸の一種です。

脂肪酸は、炭素、水素、酸素の3つの分子が鎖状に繋がった形をしていますが、その分子構造の違いから、大きく「不飽和脂肪酸」と「飽和脂肪酸」に分類されます。

この2つの違いが、食事と健康に大きく関わってくるのです。

飽和脂肪酸は、肉の脂身やラード、牛脂などの油脂、バターなどの乳製品に多く含まれます。

体内で凝固しやすい性質があり、摂り過ぎると、いわゆる“血液ドロドロ”状態になったり、コレステロールや中性脂肪が増え、動脈硬化や生活習慣病の引き金を引くことになりやすいのです。

一方、不飽和脂肪酸は、主に魚や植物性油に多く含まれ、血液中のコレステロールを低下させる作用があります。

では、「飽和脂肪酸」は体に悪いアブラで、「不飽和脂肪酸」なら体に良いかというと、そうとは言い切れません。

脂肪酸には、酸化しにくい・しやすい、熱に強い・弱いなど、それぞれメリット、デメリットがあるからです。

ただし、動物性に多い飽和脂肪酸は、通常の食事で不足することはなく、むしろ摂り過ぎが懸念されます。

通常は、不飽和脂肪酸を摂取するような食生活に切り替えたほうがいいでしょう。

脂肪の種類

【不飽和脂肪酸】

・オレイン酸、リノール酸、DHA、EPAほかの種類があります。

・魚や植物性脂肪に多く含まれます。

・その特性は一長一短で、全てが体に良いとは言い切れません。

【飽和脂肪酸】

・ラードや牛脂、バターなどに多く含まれます。

・コレステロールや中性脂肪を増やします。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝