お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

青年期・壮年期の栄養と食事

健康的な将来のために自己管理能力を

青年期・壮年期(18~44歳)は、人生で最も体力や気力が充実する時期です。

社会的には働き盛りで、責任ある仕事を担う反面、身体の丈夫さを過信して不摂生になりがちです。

若いうちは、不規則な生活習慣でも健康への影響は出にくいものですが、その習慣が続くと生活習慣病を発症する恐れが生じます。

健康で長生きするためにも、生活習慣の自己管理が大切です。

生活習慣を改めると同時にリカバリー方式を考える

この時期は、仕事のため夜遅い食事が増えたり、飲酒の機会が増えたりします。

また疲労のため、朝起きられず朝食を抜いたり、食事を作るのが面倒で外食や同じような食事(インスタント食品など)を続けたりすることもあります。

こういった生活習慣を改めると同時にリカバリーする方法を考えましょう。

平日は忙しく、毎回の食事で健康のことまで考えることが大変でも、週末に1週間単位で食事を振り返って、全体のバランスを取るようにすることは、誰でも出来るのではないでしょうか。

欠食・・・欠食は栄養素の充足率やバランスを悪くするのみならず、同じエネルギー量の食物を1日3食、2食、1食に分けて摂取する場合、食事回数が少ないほど太りやすいことが示されています。

週末リカバリー作戦!

週末に、1週間の食生活を振り返り、それをリカバリーするような食生活を心がけましょう。

【1.飲酒の機会が多い人は】

アルコールを控える(ノンアルコール飲料に切り替える)

【2.野菜不足が気になる人は】

温野菜サラダや鍋物などで野菜を多く取り入れる

【3.夜遅い食事になりがちな人は】

休みの日でも時間を決めて食べるようにする

【4.インスタントものが多い人は】

家族や友人と食事を手作りし、いろいろな食品を摂る

青年期・壮年期の食生活のポイント

【食べ過ぎを防ぐ】

夜遅く食事を摂るときに、食べ過ぎると睡眠の質が落ちて疲れが取れにくくなります。

【脂質や塩分を控えめに】

外食や惣菜は味が濃いめです。

揚げ物には、脂質や塩分が多く含まれています。

過剰摂取に注意しましょう。

【食物繊維を摂る】

不足しがちな食物繊維は、緑黄色野菜や海藻、果物などから積極的に摂るようにしましょう。

青年期・壮年期に必要なエネルギー

【エネルギー摂取量と消費量のバランスが大切】

「仕事」と一口に言っても、営業職で外回りをするのか、デスクワークなのかでは、その運動量には大きな違いがあります。

身体活動レベル男性Ⅰ男性Ⅱ男性Ⅲ女性Ⅰ女性Ⅱ女性Ⅲ
18~29歳2,2502,6503,0001,7001,9502,550
30~49歳2,3002,6503,0501,7502,0002,300

(kcal/日)

摂り過ぎに気をつけたい栄養素

【脂質】

肥満の原因となります。

脂身の肉、乳製品に多く含まれています。

【ナトリウム(塩分)】

高血圧の原因になります。

ラーメンの汁、加工食品に多く含まれます。

積極的に摂りたい栄養素

【カルシウム】

骨を丈夫にします。

イライラを予防します。

牛乳、乳製品、小魚に多く含まれています。

【鉄】

貧血予防、疲労回復

レバー、魚介類に多く含まれています。

【ビタミンB₁】

疲労回復

豚肉に多く含まれています。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝