お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

40代からは身体の中の酸化度(酸化ストレス)が高まる

細胞そのものは、年を取っても変わることはありません。

細胞は日々、スクラップ&ビルドされて生まれ変わっているからです。

しかし、40代からは、身体の中の酸化度(酸化ストレス)が高まってきます。

酸化が進むことにより、若い人と変わらないはずの細胞にも、いろいろな影響が出てきます。

それが、機能低下となって表れてくるのです。

酸化ストレスを高めるものとして、喫煙、精神的ストレス、薬剤服用、それに過激な運動などが指摘されています。

酸化というものは常に身体の中で起こっていて、酸素を消費するときには必ず酸化が生じます。

私たちは酸素を消費しながら生きているので、生きている限り、酸化が進むのは仕方のないことです。

身体の中のホルモンや酵素が酸化すれば、それらの機能は低下し、やがては消失してしまいます。

言い換えれば、もともと持っている機能を無くしたり、落としたりするのが酸化ということです。

その酸化をさらにひどくさせるのが、喫煙や悪(あ)しき生活習慣などの酸化ストレスということです。

タバコを吸い、薬剤を大量に服用して、酸化ストレスが強くかかっている女性は、たとえ採血では女性ホルモンが多く測定されたとしても、実際に機能している分は少ししかありません。

いくらエストロゲンの量がたくさんあっても、機能していなければ意味がありません。

したがって、酸化防止のためには、まずもって、酸化を促進する酸化ストレスと縁を切っていくことが課題となります。

そのうえで、酸化防止につながる食材や、必要に応じてサプリを摂ることも効果的です。

そこで、身体の機能を落とすのが酸化であり、酸化こそ老化にほかなりません。

だから老化防止には抗酸化物質が必要だ、として、盛んに喧伝(けんでん)されている栄養素があります。

コエンザイムQ10、レスベラトロール、ビタミンE、ビタミンC、ポリフェノールなどは、みな酸化を防ぐ物質です。

たしかに、そういうものを多く摂っておいたほうが、酸化を防ぐことはできるでしょう。

しかし、それだけで老化を予防することは出来ません。

もう1つの重要な要素として、「糖化」の問題があるからです。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝